Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■新製品
■腰痛予防パンツ
■ミズノドライバー・PGA優勝
■テイラーメイドパター・PXG・PING
■テイラーメイド新製品
■どのような効果が?
■パターの画像
■2018年モデル
■ここ何年間の傾向
■マレットモデル2017 テスト

アーカイブ
■April 2019 (1)
■March 2019 (3)
■January 2019 (1)
■December 2018 (1)
■November 2018 (1)
■December 2017 (1)
■July 2017 (1)
■March 2017 (2)
■February 2017 (2)
■January 2017 (3)
■December 2016 (1)
■November 2016 (3)
■October 2016 (2)
■September 2016 (1)
■August 2016 (1)
■July 2016 (4)
■June 2016 (3)
■April 2016 (1)
■March 2016 (1)
■January 2016 (2)
■November 2015 (1)
■September 2015 (1)
■August 2015 (1)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■April 2015 (3)
■March 2015 (2)
■February 2015 (3)
■January 2015 (2)
■November 2014 (2)
■October 2014 (2)
■April 2014 (1)
■February 2014 (1)
■January 2014 (5)
■December 2013 (4)
■November 2013 (1)
■October 2013 (1)
■September 2013 (6)
■August 2013 (2)
■July 2013 (5)
■June 2013 (1)
■May 2013 (2)
■April 2013 (6)
■March 2013 (4)
■February 2013 (2)
■January 2013 (2)
■December 2012 (3)
■November 2012 (4)
■October 2012 (6)
■September 2012 (9)
■August 2012 (6)
■July 2012 (5)
■June 2012 (8)
■May 2012 (2)
■April 2012 (6)
■March 2012 (5)
■February 2012 (9)
■January 2012 (12)
■December 2011 (11)
■November 2011 (13)
■October 2011 (15)
■September 2011 (7)
■August 2011 (9)
■July 2011 (17)
■May 2011 (2)

≫過去のブログの記事はこちら

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

BLOG

最長47インチ

長くしても右に抜けない不思議なシャフトTRPX

どこまで振れるか私史上最長に挑戦してみました

いい感じなのですが200gのヘッドでは、やはりバランスが重いですね

ということでフォーティンのCT214、190gで組み直しました

カウンターバランスのためにスチールシャフトを継ぎ足してみました

結果として47インチでもD0までバランスダウンできました

しかしそれまでと比べてバランスダウンになりすぎたのか?切り返しがいまいち

SRやRでも試してみることにします

しかし今まで体験したことのない打感と弾道と飛距離です

年末に販売店契約が終わり、週末にはシャフトが到着します

 

TRPX トリプルエックス デモ

日本から持ってきたシャフトを組んでテストしました

アッタス5のヘッドスピードですが、ボールは磨り減ったレンジボールで

初速と飛距離は参考になりませんね

トゥアレ(X)のヘットスピード

このシャフトはタイミングが合わせやすく

非常に振りやすいシャフトです

私が長尺にするのを嫌っていた理由は、しなり戻りが遅く

力なく右に抜けるシャフトが多かったためです

199gのヘッドで長尺、50gのシャフトでは考えられないほどの弾道です

AIR(S)の一発目のヘッドスピードですが

同じように振っているのに、いきなりヘッドスピードが上がりました

ガツンと捕まる不思議なシャフトです

トゥアレ(X)よりも固く感じるほどでしたが

ヘッドがゲロングDで191gのためかもしれません

しかし低く捕まったボールが多く驚きました

200g程度のヘッドでD6程度に組んだほうが良さそうに感じ

次回のラウンドには組み直して持っていこうと思います

 

ゼクシオで組んだラビィエ(RR)もヘッドスピードを37m以下に落として打ちました

この程度のスピードだとレンジボールでも潰れないのか

高弾道でも吹け上がらず、いい感じのシャフトでした

練習場はポタライで、トラックマンが設置されている打席も10打席あります

高級なためかいつも空いています

期待大のシャフトメーカー

昨日まで日本に帰国していました

日本で話題のシャフトメーカーTRPXを販売する見込みです

元クレイジーの社員が半数を占めるということですが

シニア向けの長尺で軽量に対応し

インパクト後のHSの減速が約2%軽減され

結果としてボールの初速が約3%UPするというシャフトです

 

今までの軽量シャフトはトルクが多くしなっても戻らない印象でした

長尺に関してフォーティーンの今は亡き竹林さんと意見を交わした際も

この辺がネックで「現状の軽量シャフトでは短尺の方がミート率も上がり

結果として距離が出るはず」と話す私に

「長尺の魅力を突き詰めていく」と、語っておられたのを思い出します

 

私がフォーティーンを韓国で販売していた当時のことで

15年近く前のことでした

私も、その当時の竹林さんの年齢に近づき

シニアが飛距離を伸ばすには「長尺に特化したしたシャフト」であると思います

竹林さんは「日本製のGD・YS6が一番、USモデルはダメだけど」

とおっしゃってましたが60g中盤のシャフトのため

ふらつきのない良いシャフトでした

当時の軽量シャフトは、しなし戻りが遅く

長尺に組むと、振り遅れて右に高く打ち出されるシャフトばかりでした

TRPXが取り組んだのも、その辺りだと思います

 

マミヤOP当時、プロフォース・ジャンボモデル55に

ロートルクのXシャフトがラインUPしてありました

唯一長尺用に組んでいたシャフトでしたが

クレイジーから進化したTRPXには、更なる進化が期待できます

早速2本のデモクラブを組んでみました

ヘッドの軽いフォーティーン・ゲロングDとゼクシオです

どちらも191gです

ゲロングD・9度・46.5・D1,5・300g・239cpm AIR・S

ゼクシオ・10,5・46.75・D1・185g・185cpm RAVIE・RR

他のスペックも順次組み立てますが、まず2本をコースレッスンで試します

AYODHYA LINKS

コースレッスンでAYODAHYA・LINKSに行って来ました

15分間隔のスタートで完全メンバー同伴制

ドレスコードもあり、なかなかプレーできないコースです

練習場、アプローチ・バンカー練習場は無料でボールが置いてあり

キャディがボールを拾ってくれました

スタート前に約1時間レッスンと練習をしました

フェアウェーは絨毯の様で、カート道が無いため縦横無尽に走り回るという感じでした

BLUEで181y、WHITEで153yのアイランドグリーン

アイランドグリーンの奥にはオーナーの豪邸

グリーン奥から撮影しましたが、起伏の大きいグリーンはスピードが速いと難解です

大きな池を周るようにコースがレイアウトされています

カートはグリーン脇に並べて駐車!

クラブハウスです

ロッカーはタイ文字で番号が書いてあります

レストランも他にひと組だけで、美味しいタイ料理をいただきました

レッスンだったためはっきりは分かりませんがプレーフィは6,000バーツだとか

組数を制限しているためか、ラウンド中に他のパーティに遭遇することはありません

コースレイティングは

Championship 76.4 7626y

BLUE 73.8 7097y

WHITE 70.6 6401y

間違いなく素晴らしいコースでした!

ナイキからニュードライバー

実際に来年1月末に発売が予定されているVaporシリーズは3機種で

Vapor Pro、Vapor Speed、Vapor Flexは、

ナイキ独自のキャビティバックヘッドを強化するFlyBeam技術と

再設計されたコンプレッションチャンネル、プレーヤーに15タイプ

(ロフト5×フェース角3)の異なるセッティングを可能にする

FledLoft2の装備を特長としています


ナイキゴルフによれば、この三つの独自技術は、

スイングスピードに関係なく飛距離を更に伸ばすといいます


米国市場小売標準価格499ドルのVapor Flexモデルは、

Flightpod(フライトポッド)と呼ばれれ、一方の端が高い密度を持つ

RZNチューブを備えた構造になっています

Flightpodの向きを逆挿すとVapor Flexドライバーの重心位置が変わり

ボールの打ちだしを変えることできるようですが

キャロウェイ、Big Bertha Alphaドライバーが備えている

"グラビティコア"ロッドのコピーですね

こちらはFREXモデル

こちらがPROモデル

テイラーメイドからの新製品

SLDRのホワイトバージョンです

ミニドライバーも発売になります

他社との比較ですが12・14・16度が用意されています

パターもニューモデルです

KBSツアーのカスタムシリーズです

PGAショー

気になったパターの画像ですが、前回アイアンをUPしたEDELという会社です

キャメロンのバカ高いモデル達

オンリーワンへのこだわりは大変です

 

やはりというかクレージーシャフトが民事再生法の適用を申請しました

前社長が逮捕されるという社風が全てです

借金が軽くなりスポンサーが現れる可能性もありますが

一度失った信用を取り戻せるでしょうか?

ファーマーズインシュランスOP

石川がいいポジションに上がってきました

トップのG・ウッドランドはこのコラムで何度も「大器」と述べてきましたが

感情の起伏が表情に出てしまう自滅型で、ショートパットを外すした時が心配です

2位のM・リーシュマンはノースコースの貯金が利いていますが

サウスコースでは伸ばしていません

J・スピースはパッティングのタッチが強く、決まり出せば一気でしょうが

ジャストタッチの石川と比べると、外れた後に不安が残ります

この3人が最終組ですが、組み合わせも曲者のR・サバティーニや

飛ばし屋のN・コルサーツと別になり、石川には有利に感じます

早い段階で追い上げれば面白いですがバーディ先行が必須条件ですが

楽しみな最終日になりましたね

 

PGAショーから面白そうなものをピックアップしました

テイラーメイドのプロトタイプ

アダムスとイエスパターのコラボのようです

ライフパターからも見たことのないモデルです

チェックポイント多すぎ!

2ボールドライバー?シールを貼れば作れますね

必要のない装飾!

バンカーショットには不向きなソール?

アイデアの国、アメリカならではですがいくらでしょう?

最近多い追加注文

ユーティリティを使う方が増えて

本数の問題もありアイアンを減らしてオーダーする方が増えていますが

「打てそうなので」と上の番手を追加する方が多くなっています

姫路の工場にスペックを管理しているため顔形状やFPを合わせて

追加でも作成可能です

ブラックボロン仕上げのHIROさんの5番アイアン

 

3段マッスルサテン仕上げの4番アイアンはYUJIさん

ヘアラインという研磨跡がハンドメイドの証明で綺麗です

今年のシューズはイケてる

フットジョイからの新製品です

この黒はいいですね!

ナイキです

 

こちらはプーマ

 

ピンからも新製品が発表されています

これは面白いアイデアですが、ウィルソンと比較してみたいです

 

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 25ページ中6ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.