Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム
■ゴルフスタイル2月号
■日本シリーズ ゴルフスタイル新年号
■岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号
■日本オープン ゴルフスタイル11月号

アーカイブ
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

「怒り」の取り扱い方

ミスショットが出ることはゴルファーなら誰でも知っているはずです。
ラウンドを台無しにしてしまうきっかけは、ミスショット自体より、ミスに対する自分自身の反応であることが多いものです。悪い流れをうまく乗り切り、良い 流れに変えるには「ミスは誰でもするものだから」と切りかえ、ミスに対する自分自身の反応をコントロールすることです。スコアも心もボロボロになるきっか けになる最大の脅威は「怒り」です。ミスの原因に対して衝動的に反応するのは望ましくありません。
苦しい場面で怒りを爆発させると、間違いなくショットは悪化の一途を辿ります。
怒りを覚えるとプレッシャーを増大させるホルモンが分泌されます。そのホルモンが脳の各部位の機能を妨げるため「プレー集中力」が低下し、状況分析ができ ずに誤った判断の基にプレーすることになります。「プレー集中力」欠如によるミスショットをワンスイングで取り戻そうとするギャンブルは、大叩きという結 末を迎えます。「怒り」は多くの間違いを生み出します。間違った決断、いい加減なセットアップ、中途半端なスイング・・・それほどに「怒り」の取り扱いは 難しいものです。

悪い流れに陥ると、様々な迷いが頭の中を駆け巡ります。「ボールの位置は?アドレスはこれでいいのかな?」「そういえば雑誌にはどう書いてあったっけ?」 などと考え「キャディーの言う通りゆっくり振ってみようかな」と完全に混乱した状態でプレーすることになります。いろいろやってもうまくいかず、さらにい らだってくる。そのいらだちが「怒り」に変わるとキャディーに当たり、コースに怒り、クラブを投げつける。同伴競技者の優しい言葉も「上の空」。怒った後 はきまって落ち込み、その時にはもう立ち直れないほどストロークが増えた「大叩き」。心の平静さ「大河の流れ」のような静けさがショットとプレーの安定を 生み出します、心が乱れ、波立つとスイングやプレーリズムまでも乱れます。

手遅れになる前に、立ち直るには「いらだち」が「怒り」に変わる前に、悪い流れを断ち切らなくてはいけません。
ミスの後、いやな気分になった時、連続した素振りをすることで悪いイメージを頭の中から追い払い、良いイメージを思い出して気持ちも体もリセットすることができるようになります。
気分良く、良いイメージだけを描いてプレーする習慣を身につけることができればゴルフは楽しく、驚くほど上達します。
イメージの強力な力を信じましょう、何度かイメージの選択が間違っていても、けっしてあきらめないでください。
描き方がまちがっていただけで、やりかたが間違っているわけではありません。

ラウンド中の素振りはこれから自分が実際にスイングする動作のリハーサルです。なんとなく素振りをして、打つ時は全力という方が多いようです。
普段からフィニッシュの位置からトップの位置までを連続して通過する「連続素振り」をして下さい。「連続素振り」のスイングイメージとスイングテンポ、フィニッシュポジションを実際のスイングを重ね合わせることができなくてはいけません。
調子が悪い時は、見えるものすべてがプレッシャーになります。セットアップしてから、いろいろなことを考えて「固まりすぎ」動けなくなるゴルファーを良く見かけます。
連続素振りの段階でスイングがスタートしていると考え、その流れでボールを打つことをお勧めします。テニスや卓球のラリーをしているようなイメージで、常に先の動きを考えてプレッシャーが大きくなる前にスイングをしてしまうことです。
プレッシャーはあらゆる場面で本来の自分を忘れさせ、自分でも良く分からない誰かに変貌させてしまうものです。同伴プレーヤーから見ると二度と一緒にプレーしたくない「好ましくない」人物になり変わってしまうことになります。

ラウンド中プレショットルーティーンから、実際に集中しなければならない時間は40分程度でしょう。ラウンド中のコースにいる残りの時間は悪い結果を予想 して気を揉むのではなく、自分の好きな楽しいことを考えて、ただ散歩しているかのようにラウンドしてみてはどうでしょう。
余分なことを考えず、力を蓄えて肝心なところで「プレー集中力」を発揮できるかは、その過ごし方にかかっています。プレッシャーで緊張し始めたら鼻歌でも歌って、楽しい予定のことなどを考えてもいいと思います。

ゴルフは経験のスポーツです。失敗したり成功したりした経験の蓄積を糧に上達していくものです。自分を励ますことで自身を高める習慣を身につけることが、プレッシャーに打ち勝つポイントになります。

ゴルフコースには楽しむために行くはずです。「ミスはミスとして認め」ゴルフ場の景観の美しさを楽しみ、ゴルフ仲間との交流を楽しみましょう。
私はプレッシャーに飲み込まれそうになったとき、交通事故後に自分の思うようにプレーできなかった時期を思い出すことにしています。現在のレベルを素直に 受け止め、大好きなゴルフが出来ることに感謝し、プレー出来る幸せを強く感じるようにしています。これからも今の自分に出来る「最高のラウンド」を目標に ゴルフと向き合っていくつもりです。皆さんも「怒り」の取り扱いにはくれぐれも気をつけましょう。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.