Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム
■ゴルフスタイル2月号
■日本シリーズ ゴルフスタイル新年号
■岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号
■日本オープン ゴルフスタイル11月号

アーカイブ
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

ウェッジの歴史 Ⅱ

ウイルソンのサンドウェッジが圧倒的人気だった時代の後を受けて登場したのがベンホーガンモデルです。ウイルソンのモデル とは対照的にソール幅が広くてしかも丸くなっているのが特徴です。この時代は、リーディングエッジから後方にかけてもラウンドがついていたほうが抜けやす いと考えられ、多くの類似モデルが開発されました。しかしこれは、必ずしも進化とはいえず、ウイルソンのフラットなソールに対して新鮮さを狙ったモデルと いえるでしょう。

ベンホーガンのように全体に丸くなったソールの次の時代に出現した機能的ソールの典型がピンアイ2。一見ソール幅が広そうに見えるのですが、実際に地面に 接する面は狭く、しかも中央部分がフラットになっています。これ以前のサンドウェッジに比べると、機能として有効な部分を取り入れて設計されたソール形状 でした。フェースを開くと刃が若干浮きますが、グースネックなのでハンドファーストになりやすいためクラブヘッドの入射角が安定します。

日本の代表J’sモデルのウェッジは、どちらかといえばフェースを開かずにスクェアな状態でラインを出しやすいようにつくられているのが特徴でした。
フェースプログレッションが小さい(グースネック)のでハンドファースト気味になりやすく、リーディングエッジがシャープだと引っかかりやすいので、それを防ぐためリーディングエッジの角がヒールからトウにかけて丸くなっています。

最近の出っ歯型のクリーブランドやボーケイ等のウェッジはフェースを開いてフワッと上げるように打ちますが、Jユsモデルは強めに低く打って止めるジャンボ尾崎プロの打ち方に合ったモデルでした。

幅が狭くバンスが強いソールはミズノプロモデルに多く見られたソール形状です。フェースを開いて使うことを前提に設計されていて、スクェアに構えた状態ではソールの座りが悪いのですが、開いて構えると安定するように作られています。
幅は狭くフラットでバウンスが強いソール形状でリーディングエッジの反対側のRを強くしているのが特徴です。
またヒール側とトウ側は中央部分よりバウンスが小さくなっていました、狭いソール幅とともにツアープロの声を反映させたソール形状のウェッジでした。

バンスが強く多面構成ソールの代表モデルはショートゲームの名手、フィル・ロジャース設計のコブラ「スキッドソール」ウェッジでしょう。
バンス角が30度もありながらリーディングエッジから頂点までが短く、構えたときに歯が浮かないのが特徴で、ヒール寄りの面を落としてありフェースを開いて打ってもヒールエンドが引っかからず、抜け(スキッド)の良さは見た目以上です。

フィル・ロジャースはジャック・ニクラウス、デイビット・ディバル、レイ・フロイド、ポール・エイジンガーなどを教えたシートゲームの名コーチとしても有名で、選手時代には、PGAツアー5勝を挙げたプレーヤーです。

二クラウスの初優勝62年の全米オープン(オークモントCC)では3位になり、63年ロイヤルリザムで開かれた全英オープンではプレーオフでボブ・チャールスに負けて2位になっています。
最後の2ホールでボギーを叩いて、結局1ストローク差でプレーオフに加われなかったニクラウスは引退後、最も忘れられなかったトーナメントに挙げてこう 語っています。「17番ホールで、ティショットをフェアウェイ右サイドに落として、2打目を打とうとしていた。キャディのジミー・ディキンソンが残り 212ヤードだと言って、3番アイアンを差し出してくれた。私はふと逡巡して2番アイアンのほうがいいんじゃないかと彼に言った。3番で十分だという彼の アドバイスを聞かずに、2番アイアンでピンを攻めたわけです。ところがボールはグリーンオーバーして、1メートル半に寄せたもののそれを外してボギーを叩 いた。そして18番ホールのティグランドに立ったときに、ちょうど16番グリーンでフィル・ロジャースとボブ・チャールスがパッティングをするところだっ た。ふたりともバーディはとれなかった。従って私は、この18番ホールを4で上がれば優勝、5なら並ぶと思って攻めることにした。18番ホールは、左サイ ドにいくつもバンカーがあって、最後のバンカーを越していくのが理想だ。ところがキックしたボールはバンカーに入って、結局サンドウェッジで出すだけ。私 は、そこをボギーの5でホールアウトして、彼らのプレーオフには加われなかった。自らの失策で勝ちを譲ったわけです。その記憶が鮮明にいまでも残ってい る」とニクラスは勝った試合より負けた試合を述懐しています。

60年代、フィル・ロジャースは最高のウェッジプレーヤーといわれていました。学生時代からライバルであったニクラウスから「助けてくれ」と電話があり、当初2日間の予定を2週間つきっきりでショートゲームを教えたそうです。

ニクラウスがそれほどまでに優勝への執念を持ち続けていなければ、4日間の死闘の末にクラウスに次いで2位となった80年の全米オープンで、青木功プロがメジャーチャンピオンになっていたかもしれません。

皮肉なことにフィル・ロジャースも91年シニアツアーのメジャートーナメント「トラディション」で二クラウスに敗れて2位になっています。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.