Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■8月1日 ルール変更
■7月15日 ホスピタリティ
■7月1日 P・ミケルソンの奇行
■6月15日 本番力
■6月1日 ツアーの今後
■小平PGAツアー優勝 5月1日
■マスターズウイーク 4月15日
■ルール変更 4月1日
■ベースボールグリップ 3月15日
■3月1日コラム

アーカイブ
■November 2018 (5)
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

タイガーの言い訳

不倫騒動で無期限のツアー出場を自粛しているゴルフ界のスーパースター、タイガー・ウッズが、2月19日米フロリダ州で記 者会見を行いました。会見と言っても、一方的に声明を発表するだけで、質問は誰にもできない会見でした。あらかじめ、そう決められていたことが、米メディ アの怒りを買っていたようでGolf Writers Association of America(米ゴルフライター協会)は現場に入って取材をすることをボイコットすると発表していました。今回の記者会見は、タイガーの友人や関係者以 外に、代表でテレビカメラが一台、そして記者は大手通信社3社(AP、ロイター、ブルームバーグ)の代表者が招待されていました。「招待」というのは、全 てタイガーのマネジメントチームIMGが決定したもので、プレーヤーとメディアの間に築かれていた人間関係を大きく揺るがすものだと、会見の手法が批判を 浴びています。

タイガーが公の場に姿を見せるのは、昨年11月以来のことでした。用意された声明文の内容は「私はみなさんを裏切りました。メディア、ゴルフ関係者、そし てファンを失望させました。ビジネスパートナーのみなさんを心配させ、子供たちも裏切りました。浮気をしたのは間違いありません。それは受け入れられる行 為ではありません。すべての事に対して深くお詫びいたします。問題は繰り返し行われた私の無責任な行動でした。私の行為が間違っているのは気づいていまし たが、私に一般的なルールが適用されるとは思いませんでした。誰を傷つけているのか、考えもしませんでした。自分のことしか頭にありませんでした。やるこ とすべてから逃れることができると思っていました。これまで色々と努力をしてきたことに対するご褒美だと思っていました。すべての誘惑に応える権利がある と考えていました」皆さんはどう思われたでしょうか?

「自分自身に一般的なルールが適用されると思っていなかった、すべてから逃れることができると思っていた」という部分では、朝青龍を思い出してしまいまし た。タイガーの心の底から出たコメントではなかったように思います。誰かによって見事に作り上げられていたことは間違いありません。タイガーファンには、 いい声明だったでしょうが、タイガーに批判的な人々にとっては、肝心なところの言及を避けて、言い訳だけはしたという感じではないでしょうか。ツアーに 戻ってきたら、大変な質問攻めに合うことは間違いありません。復帰時期についても言及を避けました。しかし、ドラッグ疑惑、エリン夫人による暴力疑惑だけ は、タイガー本人によって初めてはっきりと否定されたのですが、これだけ世間を騒がせても、自分を中心に世界が動くと思っているかのように感じられ、どう も釈然としない印象だけが残ってしまった会見でした。

米国内では、アクセンチュア世界マッチプレー選手権開催中に、会見を設定したことに非難が集中しています。経営コンサルティング大手のアクセンチュアは、 ウッズの不倫騒動後、早々にスポンサー契約を解除しているため、「嫌がらせ」といううがった見方もあります。メジャー通算3勝のアーニー・エルスは、米誌 「ゴルフウイーク」に「自己中心的だ。金曜日に会見を開くと多くのファンの注目を奪うことになる。会見は月曜日にすべきだ」と批判しました。

セルヒオ・ガルシアは「このタイミングはベストではない。でも、彼は彼がベストだと思うことをやっているだけなんじゃないか」と猛烈な批判コメント。そし てジェフ・オギルビーは「タイガーの姿を見るために、この大会を10分ほど中断すればいいじゃないか」とジョークめいたコメントまで様々でした。

「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」初出場でベスト16に進出した石川遼は、3回戦でタイのトンチャイ・ジェイディと対戦しました。アマタスプリ ングスで開催された「ロイヤルトロフィ」ではアジア代表として同じチームでプレーしていたこともあり、それまでの2日間とは違う雰囲気の中でスタートでし た。しかしスタート後は一方的とも言えるトンチャイの猛攻に合いました。1番パー4の2打目でピン奥1.2メートルにつけたのですが、トンチャイに8メー トルのバーディパットを先に捻じ込まれ、短いバーディパットを外してしまい、早々と1ダウンのビハインドを負うことになりました。「グリーンに上がった時 は自分が有利でも、1つのストロークで流れが変わってしまう。これがマッチプレーなんだな、と感じました」と石川。続く2番でもバーディを奪われて2ダウ ン。その後もトンチャイに差を広げられ、12番を終えた時点で6ダウン。13番ドーミーホールでチップインバーディを奪い、次のホールに持ち込む意地を見 せましたが、続く14番で1.5メートルのバーディパットを外して敗北。4ホールを残し、5&4の完敗を喫しました。石川はマッチプレーの流れの怖さを痛 感したようです。また一回り成長を遂げ、再び3月に挑む米ツアーも期待できそうです、4月の「マスターズ」も楽しみになってきました。

サイアムCCで開催された、2010年の米国女子ツアー開幕戦「ホンダPTT LPGAタイランド」の最終日。12アンダー3位タイからスタートした宮里藍が、怒涛のバーディラッシュで、通算21アンダーまでスコアを伸ばし、首位と の6打差を大逆転して米ツアー2勝目を果たしました。最終組の2つ前の組にスタートした宮里は、2番でボギーが先行したものの、直後の3番でバーディを奪 いました。そして6番でもバーディを奪うと、7番パー5は2オンに成功してイーグルを奪取。さらに9番から3連続バーディと、首位のスーザン・ペターセン を追いかけ、13番、15番のバーディで、20アンダーのペターセンに追いつき、最終18番パー5はグリーン奥のカラーからチップインバーディを奪い21 アンダーでホールアウトしてペターセンを待つことになりました。ペターセンは16番パー3でボギーを叩き19アンダーに後退。そして最終ホールでのイーグ ルパットが決まらず、宮里がLPGA初戦を征したのです。

「HONDA・LPGA」は初年度の06年はアマタスプリングスCCで開催されましたが、
07年、09年、10年とサイアムCCが舞台になっています。昨年はプランテーションコースで、今年と07年はオールドコースで開催されています。07年 大会を制したのが、今年も3日目を終えて2位に5打差をつける、通算18アンダーで独走したスーザン・ペターセンでした。07年は通算21アンダーで優勝 しており、オールドコースのラウンドで3日目までトータル39アンダー(1ラウンド平均66.42ストローク)という驚異的なスコアをマークしていたので す。しかも、3日目までの54ホールをノーボギーと好調で、逆転は難しいと思っていました。

それだけに、最終日にビックスコアでの大逆転劇は、宮里にも大きな自信になったことでしょう。07年の大会では、米国から日本に立ち寄り、コマーシャル撮 影をこなし参戦とハードスケジュールの影響か、予選落ちの無い大会で下から2番目の57位でした。去年の初優勝まで長いスランプを経験し、自分をコント ロールできるようになったようです。1月から米アリゾナ州の練習拠点で鍛えたアプローチショットを武器に「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー(最優秀選手)が 目標」と公言して臨むシーズンで、最高のスタートを切りました。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.