Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム
■ゴルフスタイル2月号
■日本シリーズ ゴルフスタイル新年号
■岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号
■日本オープン ゴルフスタイル11月号

アーカイブ
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

チームジャパンの可能性 10月15日号

このコラムが掲載される段階で「フライズ・ドットコムオープン」で開幕している

PGAツアー2014シーズンですが、日本からは松山英樹が

いよいよ米ツアーに本格参戦となり、ツアー2年目となる石川遼も、

今大会で新シーズンを迎えることとなりました。

PGAツアーは次週「シュライナーズ・ホスピタルズ・フォー・チルドレンズオープン」を

ラスベガスで行った後、「CIMBクラシック」をクアラルンプールで戦い、

WGC-HSBC選手権」は上海とアジアを転戦します。

その後「マクグラドレークラシック」、「OHLクラシック at マヤコバ」と舞台を移した後、

オーストラリアでの「ワールドカップ」を行い、約1か月のオープンウィークに入ります。

 

PGAツアーのシードを獲得した松山ですが、シード権確定前の「全米プロ」開幕時には

「シードのことを考えると、賞金がゼロではダメ。まずは予選通過をしなくてはいけない」と

目標を掲げていました。

最終日を迎えるにあたり「昨日は通算2アンダーがトップ10くらいだったので、

今日は15アンダーを目指してやっていた」とも語り、

「昨日までのフェアウェイキープ率は1位ですよね。

でも今日はたったの4回でしょう?」と、自身のデータを挙げ反省もしていました。

松山の今季PGAツアーにおける最終ラウンドの平均スコアは68.8と、

ツアーの正式メンバーではないため「参考記録」ですが、

今季5回以上最終ラウンドを戦った米ツアー選手のランキングと照らし合わせると、

1位に相当する素晴らしい成績でした。

自身の目標を見据え、終盤にスコアを作れるのは凄いことです。

 

「全英オープン」で、スロープレーでペナルティを科せられた松山ですが、

またしてもスロープレーで問題を起こしました。

松山がプレーオフで優勝した「フジサンケイクラッシック」で横尾要、

松山、SJ・パクの最終組が9番ティに向かう際、競技委員がスロープレーを注意したのですが、

注意を受けたのにも関わらず急いだのは横尾のみで、

松山とSJ・パクは一向に急ぐそぶりを見せなかったといいます。

横尾からすると9番でティグラウンドに向かう際に競技委員がから

11分遅れています」とスロープレーによる注意を受けた際に

5番のティグラウンドで前の組が詰まって待っていたのに

遅れているっていうのは」と納得しなかったようですが、自身は走りだし急いだのです。

しかし、同伴の松山、パクにも同様の注意がなされたにもかかわらず

2人は一向にペースアップしなかったということです。

そこで横尾は10番で競技委員に「誰が遅いか計測してくれ」と詰め寄ったのですが、

競技委員は明確な決定を示すことなくプレーは続行され、

結局2人の「プレースピード」は最後まで上がらず、一人急いだ横尾が脱落してしまったのです。

 

トータル7アンダーの6位タイに終わった横尾は「言い訳になるからあんまり書いてほしくない」

としながらも「今の若いやつはみんな遅いよ。ホールアウトしたら言ってやろうと思ったけど、

プレーオフになっちゃったからね」と同伴の2人のスピードの遅さと、

競技委員の対応も問題視していました。

「日本の競技委員は甘い。あんなのアメリカだったらすぐにペナルティ。

日本ではあれを見逃しているから、松山が全英でスロープレーをとられたりするんだよ」と

スロープレーの原因に厳正に対処しない競技委員にも一石を投じています。

プロ、アマを問わず「プレーファスト」はゴルフプレーの大原則です。

時間をかけてもいい場合と、かけてはいけない場合を

プレーヤーが判断しなくてはいけないのですが、

遅れた選手に罰則を適用していくのは当然で、

世界のゴルフ界では当たり前にやっていることを、

日本でもやっていかなければ、世界で通用する選手は育たないでしょう。

 

松山自身は「全英オープン」でスロープレーによるペナルティを受けたことで

「急いでいる」と語っていますが、飛距離が出るので後から打つことが多い松山が、

同伴競技者が打ってからクラブ選択をキャディとしているのを見ていると

「スロープレー」と見られても仕方ありません。

PGAツアーに参戦した先輩でもある横尾の「苦言」を

しっかりと受け止めてほしいものです。

今年の「全米オープン」ではタイガーやアニカ・ソレンスタムが

「スロープレーをなくそう!」と映像で語りかけるキャンペーンを

実施している米国で戦うには、決して早いとは思えない松山のプレースピードは、

改善が必要なことは間違いありません。

ツアー全体でスロープレーを問題視している中で、

ルーキーがこれまでと同じようにマイペースでプレーを続け

「スロープレーヤー」のレッテルを貼られるようでは、良い成績を残すことは望めません。

 

毎年5月に「ザ・プレーヤーズ選手権」が開催されるフロリダ州のTPCソーグラスですが

石川は米ツアーフル参戦1年目のシーズンをこの地で終えました。

しかしその舞台はアイランドグリーンでもおなじみで華やかな「スタジアムコース」ではなく、

その隣にひっそりとたたずむ「ダイズバレーコース」でした。

来季のPGAツアー出場権を争う下部ツアーの最終戦「ウェブドットコムツアー選手権」が、

石川の今季最終戦になりました。

「フェデックスカップランキング」で、フルシード獲得の

125位に届かなかった石川(141位)は、今年から新設された

ウェブドットコムツアーとの入れ替え戦「ファイナルシリーズ」4試合へ

向かうことを余儀なくされたのです。

第1戦は「気合いも入っていたし良い準備も出来ていたけど、

それがゆえに空回りしてしまった」と、調子が上向いていたにもかかわらず、

初日のボギースタートから流れが作れずまさかの予選落ちでした。

「初戦で痛い目にあって気付かされた」と、その後は「気持ちのコントロール」を

意識したラウンドで、第2戦で5位、第3戦で7位タイと本来のプレーを取り戻し、

来季シードの条件である賞金ランク25位以内というシード獲得のための最低条件を

最終戦前にクリアして見せたのです。

 

最終戦はさらにどれだけ優先順位を上げられるかをテーマにスタートしたのですが、

スタート前のインタビューでは、ここ2年ほど漂っていた

「悲壮感」と対照的な「笑顔」が印象的でした。

この4試合でもボギースタートの悪い流れは相変わらずでしたが、

そこからの「カムバック力」を身に付け、逞しささえ感じる姿に期待が持てます。

 

4日間の戦いを69686869と安定したスコアで終えましたが

「ビッグスコアが一日でもあれば」と思わせる内容に変わってきました。

この試合で8位タイに入った石川は13位で来季のシード権を獲得したのです。

初戦以降は3戦連続トップ10入りと、初ものづくしの環境の中、上出来の結果といえるでしょう。

「去年や今年の序盤よりゴルフは良くなってきた。

費やした時間は長かったけど、その分時間をかけて作ってきた

自分のゴルフは崩れにくくなってきているのかなと思う」と語っていますが、

自信に裏打ちされた戦う術は、苦闘の末に掴んだ大きな財産です

「今年は、なかなか日本のファンの皆さんに良いニュースを届けられなかったけど、

来年こそはと思っています」という力強い言葉に、石川の成長を感じます。

 

同学年の石川の、PGAツアー残留を受け松山は

「お互い目指しているものは優勝なので」と話し「チームジャパン」として共闘し、

頂点を目指すことを語っています。

米ツアーで通算8勝のKJ・チョイや「メジャーチャンプ」のY・E・ヤンをリーダーに、

韓国選手がチームとして行動し、異国の地で支え合い、

高め合っている姿を見てきた石川も「そういうチームというのは大事。

日本人同士で動けるのは心強い」と語っています。

8月の「全米プロ」などで練習ラウンドをともにしていますが、

移動や食事など米ツアーの1年先輩から得るものは多いだけに、

松山も「遼は先にやってやり方も分かってきているだろうし、

教えてもらいながら一緒にやっていきたい」と「チームジャパン」の結成を語っています。

 

石川にしてもPGAツアーに本格参戦した今季は、

腰痛の影響もあってレギュラーシーズンではシードを得られなかったなかで、

力になったのが同学年の松山の存在だといいます。

「英樹が物凄いプレーをしてシードを確定しているので

自分も頑張らなきゃという気持ちもあった。お互い切磋琢磨して来季もできるという、

安心感は大きい」と話し、同じ舞台に立てることを喜んでいます。

「状態が上がってきた形で秋からシーズンがスタートしてくれるので

自分にとってラッキー」と、新シーズンの戦いを見据え

「スポット参戦では自分の実力はわからない。こうして1年を通して戦って、

入れ替え戦でこの位置にいる今の自分の実力がこれ。それがわかった」と、

苦しかったシーズンを乗り越え、二人で臨む新たな挑戦にも期待が持てているようです。

 

「チームジャパン」候補といえば「日本ゴルフツアー選手権」を制した小平智と

「長嶋茂雄インビテーショナル・セガサミーカップ」で復活優勝を果たした薗田俊輔や

やはり初優勝をメジャーで飾っている藤本佳則でしたが、もう一人期待の新星が現れました。

パナソニックオープン」を、終盤の逆転で制した20歳の川村昌弘です。

「皆さんお疲れ様でした」の一言で始まった優勝スピーチは、

大ギャラリーから思わず大きな笑いを誘いました。

童顔ですが穏やかな口調は、戦いを終えたばかりのトップアスリートとは思えませんでした。

ゴルフを始めたのは5歳の時で、ジュニアがプレーする環境が整っていなかった小学生が、

自らお願いすることで門戸を開いてくれたのは地元、亀山市のパブリックゴルフ場でした。

朝から晩までクラブを振り続け、トップアマとなり、

福井工大付属福井高校時代には小平や松山とともに

「ナショナルチーム」のメンバーに選ばれています。

 

フィーリングを重んじ、いつも思い描くのは「どうやってボールを操るか」という一点のみで、

小さい頃から「スイングを作ろうとしたことがない」と語る個性派です。

手首を柔軟に使い、トップオブスイングが強くクロスに入る変則スイングですが

「これで良いスコアが出るのに、なんで直さなきゃいけないのか?」と、

アドバイスは聞いたことがないといいます。

専属のプロコーチから教わるのは、コースマネジメントやツアーでの戦い方といったことで、

ビデオカメラで自らスイングを撮影したことは「1度もない」といいます。

「好きなようにやってきた。教えてもらうことは好きじゃない」と語りますが、

ラッキーカラーは黒で、ボールも黒以外の色で数字や文字が入ったものは

使わないというかなりのこだわりを持っています。

どんなに日差しが強い夏場でも、最終日は上下、黒ずくめですが

「何物にも染まらない。黒なんで」と語りましたが、アジアンツアーとの共催競技での勝利で、

川村は両ツアーでの2年シード権を獲得しました。

「世界で戦いたい」と夢を語る「チームジャパン・NO1」の個性派の誕生ですが

「チームジャパン」の層が、さらに厚くなることを期待したいですね

 



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.