Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム
■ゴルフスタイル2月号
■日本シリーズ ゴルフスタイル新年号
■岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号
■日本オープン ゴルフスタイル11月号

アーカイブ
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

パターの名手

名プレーヤーのパッティングスタイルを思い浮かべると、使用していたパターまでもが懐かしく思い出されます。
道具が自由に選べるほど豊富ではなかった時代、プロゴルファーは1本のパターを信頼して使い続け、ともに数々の栄光をつかみ取りました。

ジャック・ニクラウスのパッティングスタイルは独特です。
右肩を下げた猫背な構えから、右ひじを平行に動かすようにストロークします。
彼はプロ入り早々に「賭けパットの帝王」と呼ばれたジョージ・ローから「毎週続くツアーではヘッドが効いたパターのほうが、感覚を保てる」とアドバイスされ、ロー自身がデザインしたショートブレードのL字型「スポーツマン」を長年使い続けました。
当時ナンバーワンのニクラウスから信頼されたモデルだけに、「スポーツマン」はクラシックパターの中でももっとも高値が付けられ、来日した時には盗難事件にも合っています。

1970年代の中頃のジョニー・ミラーは「神がかり的なゴルフ」で連勝したことで有名です。タップ式で打つ彼のパッティングは、グリーンに乗ればどこから でも入るのではといわれたほどでした。 そんなミラーの右腕はプレアクシネット社製の「Bulls Eye」と刻印されたキャッシュインタイプと呼ばれるタイプでした。黄銅製のヘッドは打球感が柔らかく、芯で打ちやすいことからビギナーにも愛用されたモ デルでした。

パーティボーイとまでいわれた遊び人レイ・フロイドが、1976年のマスターズで最高のゴルフを演じて優勝し「レイの安定したパッティングはツアーでも最 高の部類に入る」と評され彼のゴルフ人生に転機を授けてくれたパターは「ゼブラ」 シマウマの縞模様のようなラインとフェースバランスの薄いマレットタイプのヘッドに長いシャフトを付け、アップライトにアドレスしたフロイド。
その構えはまるで歩くのと同じ、どこにも無理がない自然な姿勢でした、垂直に近いストローク軌道はフェースバランスの機能を引き出すには最適だったといえます。

パッティングでは、ボールの真横をパターヘッドの重心(フェース上の重心)でヒットした時、転がりがもっともよくなります。要するにエネルギーのロスが最小限に抑えられるわけで、重心よりも下や上に外すと転がりは確実に悪くなってしまうのです。
ただし、下と上とでは多少違いがあります。同じ外すとしても、重心より上に外して打つとロフトが多くなる方向なので、転がりは極端に悪くなります。
これに比べて下でヒットした場合、ロフトが立つ方向となり、重心でヒットしたときよりは転がりは悪くなりますが、上に外して打つよりは影響は少なくなります。

ではどうしたら常に重心点でヒットできるかですが、それはインパクトでどのくらいヘッドを浮かせるかで決まってきます。ボールの重心点の真横は地面から約 21ミリの高さになります。一方、インパクトゾーンではだれでもパターのソールを芝面から5ミリ程度浮かすので、重心がソールから16〜17ミリのところ にあればジャストミートできる計算になります。

初期のピン・アンサーなどはピタリ17ミリ前後で、これが転がりがいいといわれる理由となっていたのだと思います。
一般的なモデルは14〜15ミリのモデルがほとんどでした。
もちろん、ソールを6〜7ミリ浮かせればいいのですが、どうしても重心より上に当たります。

プロたちはこのことを経験的に知っていました。
極端にアッパーブローに打つプロが多かったのもこの時代です。アッパーブローに打ちことでインパクトではソールが浮く量が自然と多くなり、低重心でもジャストミートしやすかったのです。

青木功プロは極端にトウを浮かせていました。そうすれば重心が低いパターでも、重心点が上がりボールの真横をヒットできます。だから「ダフっても転がりがいい」といわれたのです。
ヒール側はダフっているように見えても、トウ側を浮かせているのでボールの芯とパターの芯が一致しているわけで、経験的に身につけた技としかいいようがありません。

パターは、形状的にいえばピン・アンサーに代表されるトウ&ヒールバランス型が主流でした。
しかし最近はマレット型も根強い人気があります。
マレット型は一般にフェースの高さ自体低めで、ネックのないモデルがほとんどです。
それだけ重心が低く、重心高さの項で触れたことからいえば難しいはずですが、使用プレーヤーが増えているのは、重心深度に理由があります。
パターにもロフトがあるため、重心深度が深ければフェース面上のスウィートスポットの位置は高めになるので、フェースの高さが低いわりにはスポットでヒットしやすくなるのです。 また深度が深いと慣性モーメントも大きくなり、ミスの度合いも軽減されます。
このあたりが、マレット型の根強い人気につながっているのです。また、重心深度が深いとフォローを出しやすいというメリットがあります。
これは深度が深いほどダウンで重心がシャフトの延長上に来ようとする力が大きくなるためですが、その結果、自然とヘッドがスムーズに出やすくなる。そのあたりもマレット型のメリットといえるのです。

パターのヘッドは、80年代の半ば頃まではほとんどが310グラム前後でした。ところが90年代では340〜350グラム程度になり、最近はさらにヘッド 重量は重くなってきました、重いほうが慣性モーメントは大きくなるし、転がりもよくなることをみんなが経験的にわかってきたことによるものです。

単純にいえば、ヘッドを重くして軽いカーボンシャフトをつけると転がりだけはよくなります。しかし、シャフトを軽くするとダウンスウィングで意図に反して加速してしまったりしてストロークが不安定になります。

そのためシャフト重量はそのままにヘッドだけ重くなってきたのですが、最近は200gのシャフトもありいろいろな組み合わせが可能になりました。重くすれ ば転がりがよくなるので小さなストロークで打てますし、その分安定性も高くなります。特にスピードの速いグリーンなどではそのメリットが大きいのです。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.