Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■3月1日コラム
■2月15日号コラム
■2月1日バンコクライフコラム
■1月15日バンコクライフコラム
■1月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ12月15日コラム
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム

アーカイブ
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

パターの科学

パッティングを科学的に解明したのがデーブ・ペルツです。徹底した実験による膨大なデータをまとめた「パッティングの科 学」(ベースボールマガジン社刊。1989年発行)では、パーフィーというロボットをモデルに使い、メカニカルにストロークすることが、カップインの確率 を高めると提唱していました。

ペルツ理論のポイントは目標線上をできる限りスクェアにヘッドを動かすための方法論でした。アドレスで肩のラインを目標線と平行にセットして、両手を肩の 真下に位置させたパッティングロボットに手首を固定した状態で、両腕と両肩で作られる三角形を崩さないようにストロークさせて見せたのです。この純粋な振 り子式打法が、もっとも再現性が高い理想的なパッティングだという理論です。

アドレスで手が肩より内側(体側)に近くセットすると、ヘッドはテークバックとフォローで目標線よりアウトサイドに動きやすく、フェースもクローズ_オープンとなりやすいと警告していました。
ボールの位置については、ストロークの最下点の5センチ前方が理想だと述べています「ボールを打ち出した時のバックスピン量が最少となり、スムーズな転が りが得られるから」というのがその理由で実践したツアープロもかなりいました。しかし高速度カメラが登場してインパクトの正体が解りだしてから、機械的な ストローク理論に変化が見えはじめてきたのです。振り子式のストロークであることに変わりはないのですが、手首を固定したままにするのではなく、ダウンか らインパクトにかけて、ほんの少し手首をリリースするようになってきました。
手首を完全に固定してしまうと、フィーリングが消えてしまう可能性が強いのです。パッティングには微妙な感覚が大切です。そのためにはハンマーで釘を打つように、少し手首を使ったほうがいいという理論が登場したのです。
「特にロングパットでは積極的に手首を使うようにすればストロークが小さくてすむ。手首を固めて長い距離を打とうとすると、どうしても体を揺さぶるようになり、軸がブレやすくなる」というものでした。
しかし「手首をリリースさせていい結果が得られるのは、ある程度のレベルになってから。ビギナーはまず手首を固定した振り子式ストロークを体得したほうが、上手くいくようです」という補足がついていました。

その後クロスハンドグリップが登場しパター理論に多大な影響を与えました。
クロスハンドグリップの最大の利点は(右打ちの場合)左手が右手に覆いかぶさるため右手首の角度が固定しやすく、余計な動きができないことと両肩を水平に構えられることでインパクトでも左肩が上がらず正確にボールの芯をとらえることができるのです。

パターをアドレスするとほとんどのゴルファーはハンドファーストになります。右手が下のノーマルグリップでは左腕の長さが余ってしまい、アドレスで左肩が上がってしまいます。
インパクトではさらに左肩が上がってしまうため、インパクトでは目標方向に対するカベを作ることになり、左腕の動きが詰まるためスムースにヘッドが出しにくくなります。
そのため右手のパンチが入りやすいのです。クロスハンドならハンドファ−ストにセットしても左腕は詰まらずに肩は水平なまま左右どちらの動きに対しても、ストロークが安定し正確なインパクトを作れます。

デーブ・ペルツは、1980年代に3ボールパターを考案し特許を取得しました。ツアーでもD・A・ワイブリングなどが使用し日本のツアーでも活躍しました。
このパターは後でUSGAが「シンプルなデザインでない」という理由で不適合クラブとなりました。現在では、奇抜と思われるデザインのものに関しては、試合で使用される前にメーカーは必ずUSGAに認可を取るようになりました。
2ボールパターを発売するときキャロウェイ社はまず、ボールデザインパターの特許を持つペルツに巨額のライセンス料を支払い2ボールパターのデザイン許諾を得ました。
そして『デーブペルツ2ボールパター』と名付ける予定でしたが、ペルツはこれを断わりました。ペルツにとっても更に名を上げるチャンスのはずでしたが、それだけでも彼は満足だと言うのです。
それは彼が提唱した理論が正しかった事が立証されたからに違いありません。
またペルツは自分の経験から2ボールパターは認可を得ることは出来ないと思っていたようで「それだけキャロウェイが努力して認可を得るに至ったということ」と語っています。

ペルツはストローク中に手首を使うことに否定的ですが、手首の動きを抑えるためには、シャフトは短めでグリップは太めがいいと述べています。またセンター シャフトパターとヒールシャフトパターの、打点と距離の関係などもレポートし、道具の研究も積極的に行っています。クロスハンドグリップで2ボールパター を使っている選手が多いのはペルツ理論の集大成といえる結果ではないでしょうか。

当初2ボールパターは、ヘッドのクラウン(上部)とソールそしてフェース以外の部分をくり抜いた設計を施されたもので、不適合の烙印を押されました。

USGAはヘッド上部にある2ボールデザインは問題とせず、形状に対して不適合であることをアドバイスしたのです。そしてキャロウェイは、ヘッド後部にもブリッヂをかける(つまり中空型)ことで認可を得るに至ったのです。
しかしこうする事でフィーリングとインパクト音が快適になるだけでなく、重心位置を低く深くできるという性能アップというおまけまでついてきたのです。 USGAとR&Aから認可を受けるための設計変更のアドバイスを受け続けたことが、2ボールパター誕生につながったのです。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.