Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム
■ゴルフスタイル2月号
■日本シリーズ ゴルフスタイル新年号
■岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号
■日本オープン ゴルフスタイル11月号

アーカイブ
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

ヘンな癖

レッスンをしていて「もったいない」というスイングをしているゴルファーを多く見かけます。
アドレスはとても良いのに、スイング理論の勘違いでコースでは確立の悪いスイングにしてしまっているのです。

「へんな癖」がついてしまった訳と直し方を考えて見ましょう。ビデオでのスイングチェックで一番多いのが、インサイドにヘッドを引きすぎるテークバックです。
長年ゴルフをプレーしている方に特に多く見られる現象です。パーシモン(柿の木)ヘッド・スチールシャフトのドライバーしかなかった時代のスイング理論 は、100匁(375g)という現代では考えられないほど重たいドライバーを、技術で真っ直ぐ打つ方法(経験)論がスイング理論でした。
総重量が重たいため、長さは42.5インチが標準でパワーのあるゴルファーでも43インチだったのです。現在の3番ウッドより短かったわけでボールに近く立ち、重いクラブに負けまいとスイングするとアウトサイドインのスライスになりやすかったのです。
そのため「アウトサイドインはスライスの悪い軌道」「インサイドアウトに振るのが正しい」と言われていました。

1900年スコットランドのベン・セイヤー社が考案した「ドレッドノート」がドライバーの原型になったといわれています。
1927年トゥルーテンパー社が初めてステップつきのスチールシャフトを開発。マグレガー社からこのシャフトを採用したクラブが発売されました。
それ以降1984年に米ツアーでリー・トレビノやカーチス・ストレンジらがメタルヘッドのドライバーを使いはじめ、テーラーメイドの人気が高まるまで、パーシモンヘッドの時代が続きました。

1988年にテーラーメイドはカーボンシャフト「ツアーゴールド」を装着したメタルヘッドを発売。尾崎将司プロが使用し話題になりました。カーボンといっ てもスチールより多少軽いという程度だったと記憶しています。その後ボロン等の新素材を使った超軽量シャフトの登場でドライバーの軽量・長尺化が進みスイ ング理論も大きく進化したのです。

「アウトサイドインは悪い動き」と強く思い込まされているゴルファーは、なんとかインサイドからヘッドを戻そうとします。そこで「インサイドアウトの誤解」に悩まされることになります。
アドレス時のシャフトとその延長線を「シャフトプレーン」といいます。ハーフウェーバックでこのシャフトプレーンに沿ってヘッドを上げていくのがオンプレーン・テークバックになります。(写真参照)

ハーフウェーバックでグリップとヘッドが重ならないのは「インサイドから」の意識が強く、右脇を締めてインサイドに引き過ぎるためです。この位置からクラブを上げようとすると、シャフトがターゲットラインにクロスするトップの形になります。
(写真参照)

かぶったトップの形からは、シャフトを寝かせたシャフトプレーンより下から戻るダウンスイングになります。
インサイドから戻っているので正しいようですが、ボールの手前を叩きやすくクラブフェースが開いた振り遅れのインパクトになります。
そのまま打つと「プッシユスライス」になりますが、フェースローテーションが使える上級者がプッシュアウトを嫌うと、左に飛び出して更に左に曲がる「チーピン」が出ます。
インサイドに上がりすぎるテークバックを直すには、右手一本でシャフトプレーンにそって振り上げてみることが効果的です。クラブが一番軽く感じる位置が正しいポジションです。さらに左手甲を右ひじの下から押し上げるようにして振り上げるのも効果的です。
「思い込まされている奇妙な常識」は50年前の理論と疑ってかかるべきです。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.