Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム
■ゴルフスタイル2月号
■日本シリーズ ゴルフスタイル新年号
■岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号
■日本オープン ゴルフスタイル11月号

アーカイブ
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

メーカーによるクラブフィッティング

ウェッジはロフトが多いためにソールから重心までの垂直高さが低くなりやすく、低重心になります。
ところがウェッジに限って、低重心は良い事ではありません。
重心が低いということは逆にいえば、重心よりも上の面積が広く、そこに当たりやすくなってしまうのですが、ヘッドがボールの下をくぐりやすく、上のほうに当たるとスピンも不安定で、距離のコントロールが難しくなってしまいます。

ウェッジの重心を高くするには主に2つの方法があって、ひとつはフェースの高さを高くすることです。ブリヂストンの「ジャンボMTNIIIプロモデル」に代表されるジャンボ尾崎プロのウェッジなどはその典型でした。
もう一つはネックを太く長くすることで、最近ではこの方法が主流になっています。
重心距離についていえば、フェースを開いて打つか、閉じて打つかと関係があります。
フェースを開いて打つということは、シャフト軸に対して重心距離を短くして使うわけだから、重心距離が長めのほうが振りやすく、 フェースを開かずにネック側を通して打つ場合、重心距離が短いほうが振りやすくなるのです。
このことは、たとえばジャンボモデルと最近の主流であるティアドロップ型などを比べてみても明らかです。

ジャンボ尾崎プロは比較的スクェアに打ちますが、これに対してティアドロップ型を使うプロたちはフェースを開いて打つタイプが圧倒的に多く、使っているウェッジの重心距離も、「クリーブランドTA588」などのほうが4〜5ミリ長くなっています。

サンドウェッジのロフトは56度が標準でした。カスタムメイドで作る場合、SWのフルスイングで飛ばしたい距離に合わせてロフトを決め、次にPS、PWとの番手のつながりを考慮に入れて設定することを勧めています。
ただしバンカー専用として考えると、58度前後のウェッジが多くなってきています。
フェースを開いてロブウェッジとして使うことを考えた場合も、この程度あったほうがセッティングしやすいようです。
PSなどのアプローチ用ウェッジとは5度間隔くらいを目安にするといいでしょう。 ただし、パワーのないゴルファーには58度ではややロフトがありすぎになります。
ある程度パワーのある人にとっては上げやすいので楽ですが、非力な人にとっては55〜56度のほうが、距離が出るので脱出しやすくなります。

アメリカの市場では、カスタムメイド、フィティングの市場が活気付いています。
従来のゴルファーの技量に合わせてクラブを作り上げていくフィッティングから、私のショップにもあるようなスウィング解析や弾道測定器を駆使してゴルファーに合ったクラブ作りをしていくというフィッティング方法に変わってきています。

タイトリストのような大手メーカーでもスウィング分析・クラブフィッティング・フィットネス・ボールフィッティングをセットにしたTPIなる事業展開をし ています。日本でもほとんどの大手メーカーがデジタル形式のフィッティングができるショールームなどを充実させ、セミオーダー方式での販売を始めました。
もともと、従来のフィッティングは、リシャフト・ロフトライ角の調整・バランス調整などが主流であり、今のメーカーのセミオーダー方式の多くもこの方法をとっています。
大手メーカーはテレビや雑誌で大げさなセールストークで宣伝したクラブが、陳列するだけで売れてしまうことを望んでいるはずです、そのために莫大な広告宣伝費をつぎ込むのです。

個人対応のセミオーダーは多分メーカーが一番やりたくない販売方法でしょう。アメリカでも日本でもメーカーがクラブのフィッティングに重きを置くのはいい ことです、しかしこれはあくまでセミオーダー的な、シャフト・グリップの選択が可能なだけであって、ヘッドの選択余地は自社の完成済みヘッドに限られてい るのが現状です。

あるゴルファーが、メーカーにセミオーダーで注文するとします。クラブ長さは#3で38.5インチ(グリップエンド合わせ)・バランスD0・シャフトダイナミックゴールドのS200というオーダーです。
この場合のヘッド重量は3Iで241g(ヘッドの重心距離によって若干差があります)位が目安となります。
別のゴルファーが3Iで38.5インチ・バランスD1・シャフトはNSPRO950GH−Sを注文します。
この場合の3Iのヘッド重量は、248g位が目安になります。このとき、メーカーは同じ3Iで7g重量の違うヘッドを在庫しているのでしょうか?

多くのメーカーはヘッドを外注で大量にOEM生産させており、ヘッドに関しては設定したスペックのヘッドしか生産していません。このように統一されたヘッドで上記2名のゴルファーのオーダー通りに作ろうとすると、無理が生じるのです。

アメリカのメーカーの場合、ターゲットは身長の高い西洋人のはずです。当然仕上がったクラブはアップライトで長いクラブになります。
日本人用のフラットなライ角で短く組むための重いヘッドを生産しているメーカーはありません。
軽いヘッドでバランスを出すには、シャフトに鉛を入れて組んだり、シャフトの長さを微妙に変えたりすることになります。
同一品のグリップにも2〜3gの重量誤差はあります。
しかしヘッドの重量の違いを調整できるほどではありません。

グリップ重量差4グラムでバランスポイント1以内の微調整の範囲です。ゴルファーからするとわざわざセミオーダーしているのに、そのオーダー通りつくろうとすると無理が生じ、逆に品質が悪くなる場合もあるのです。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.