Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム
■ゴルフスタイル2月号
■日本シリーズ ゴルフスタイル新年号
■岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号
■日本オープン ゴルフスタイル11月号

アーカイブ
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

リアルロフト

メーカーがクラブに表示しているロフトの数値は、実数値とは全く違います。表示ロフトが9度なのにリアルロフトは8.5度しかないものもあれば、表示ロフトが10度でリアルロフトは13度のヘッドもあります。本当にすごい業界ですよね。

ロフトの違いが打ち出し角を変えることは説明してきました。
理想の打出し角度は12〜15度前後と言われていますが、何故幅があるかというとスピン量も関係してくるからです。
以前、ボールテストをメーカーとした時、開発担当者から打ち出し角とスピン量によって決まる滞空時間が重要だと聞きました
タイガー・ウッズの滞空時間は6.7〜7秒弱。アマチュア男性で6〜6.3秒位の滞空時間が1番飛ぶと教えてもらいました。

私のスタジオで測定に用いているアキュベクターは滞空時間が表示されます。お客さんのデータの滞空時間を見ているとやはり6〜6.3秒位が一番飛んでいます。
滞空時間が短い場合はキャリーが不足しているのでシャフトを柔らかく軽量化する、それとロフトを少し増やすことが効果的です。逆に滞空時間が長いと空気抵抗が多いからラン少なくなります。こういう場合は固く重めのシャフトに変えて、ロフトを少し減らした方がいいでしょう。

最高到達点も重要なポイントです、女子プロの場合、数値的に1番飛ぶのは最高到達点が30〜33ヤード(30m)位の数値が理論値になります。しかし女子プロの多くは28ヤード(25m)くらいを好んでいます。
何で理論値を好まないかというと、彼女達はランがでる弾道を好むからです。
彼女達は向い風が吹いた時に、これくらいの高さの方が風に強いことも考慮しているのです。

最近日本の女子トーナメントを見ているとドライバーの落下地点付近が非常に固くなっているように感じます。
ファーストバウンドが異常に前に跳ねているように見えるからです、まさかと思いますが、スポンサーである飛距離を売り物にしているクラブメーカーの強い要 望にこたえて、硬いフェアウェーにしているのでしょうか?しかし現実に「高打ち出し・低スピン」でファーストバウンドが前に跳ねるような打ち方をしている 女子プロが増えてきています。

最近は20度以上の角度でバックスピン量2000回転以下などという、以前なら考えられないような球筋が最近推薦されています。こういった「高打ち出し・低スピン」の球筋のほうが、机上の計算では飛距離に有利なようで、最近ボールの開発もその方向に進んでいます。

キャリーで飛ばしたい人であれば、最高到達点が30〜33ヤード位に、ランで飛ばしたい人には最高到達点が25〜28ヤード位にフィッティングするようにしています。

ヘッドスピードの速い人と遅い人とはデータの見方がちょっと違ってきます、ヘッドスピードの遅い人はなかなか飛距離が出ません、できるだけ初速が上がるようフィッティングして飛距離が出しやすくします。

ヘッドスピードの速い方は初速も速くなります、しかし初速というのはあまり速くなると空気抵抗が強くなります、ヘッドスピードが速い人の場合、打出し角度 とスピン量のデータが重要になります。 具体的にいうと、ヘッドスピード40m/sくらいの人だったら、 ①まず初速が上がるかどうか。 ②打出し角度を13〜15度前後に ③ バックスピン量は2400〜2800回転が理想です。 ヘッドスピード45m/sを超える人は ①バックスピン量2200〜2600回転に抑え②打出し角度は12〜14度前後③ 初速が上がっているかどうか。 という風に、優先順位を変えてお客様の弾道を分析しフィッティングしています。

ボールはディスタンス系とスピン系の2種類があります、飛ぶボールの条件は何か? 初速が速く、スピンが適正になるボールが1番です。

ディスタンス系ボールは実はヘッドスピードが速い人が打つとボール初速は以外と出ないのです。低スピンを謳っているディスタンス系ボールとか、ソフトなコ アと呼ばれているボールは、ヘッドスピードの速い人(260y以上飛ぶ人)が打つとボールのつぶれが大きいので、以外と初速は速くなりません。

ディスタンス系が飛ぶというのはドライバーに関していうと、半分は当たって半分は当たっていません。
テストをしていて、ディスタンス系よりもスピン系のボールの方が初速が上がる場合が少なくないのです。
一般アマチュア男性だとヘッドスピードは40m/s位なので、少し軟らかい方が初速が上がる場合があります。
ヘッドスピードによって飛ぶボールはかなり変わります。
以外と知らないと思いますが、初速が上がるボールはスピンがかかりやすいのです。
私の場合初速が上がるボールを使いたいから当然スピンが増えてくる。そしたらクラブでスピンを減らすようにします。
逆に初速があまり出ない人で、スピンが多い人だったら、ボールでスピンを減らす方法もあります。
ボールによってスピン量は100〜300回転位は変わります、回転数が変わることによって、5ヤード位は飛距離が変わってきます。

ボールもフィッティングする時代になりました、ヘッドスピードが遅いからとか、ボールを飛ばすならディスタンス系!という固定観念を持つことは間違っています。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.