Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■8月1日 ルール変更
■7月15日 ホスピタリティ
■7月1日 P・ミケルソンの奇行
■6月15日 本番力
■6月1日 ツアーの今後
■小平PGAツアー優勝 5月1日
■マスターズウイーク 4月15日
■ルール変更 4月1日
■ベースボールグリップ 3月15日
■3月1日コラム

アーカイブ
■November 2018 (5)
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

ロイヤルトロフィー

アジアと欧州2大陸間によるチーム対抗競技「ロイヤルトロフィー」が1月7日から9日まで、ホアヒンの「ブラックマウンテンCC」で開催されました。第一回(2006年)から、毎年「アマタ・スプリングス」で開催されていましたが、今回はホアヒンでの開催となりました。

欧州チームの初代キャプテンは、メジャー大会5回優勝を誇るセベ・バレステロスでした。スペインの伝説的な一流選手だったバレステロスは、そのカリスマ性 と闘争心によって「ライダーカップ」では選手としても、キャプテンとしても活躍していました。バレステロスは「チームゴルフは非常に特徴があり、興奮する 競技である。私の競技歴の中で感動的な瞬間の多くを、ライダーカップで体験した。プレーヤーとキャプテンとして、自分のために戦うばかりでなくチームメー ト、国、代表する大陸の人々のためにも戦うという、まさに忘れることができない瞬間が多々ある。信じられないほどの誇りを感じ、その緊張は想像を絶するも のがある」とチームゴルフ「ロイヤルトロフィー」にかける熱い思いを語っていました。しかしセベは2008年10月6日にスペインのマドリード空港で倒れ 意識不明のまま病院に搬送され、精密検査の結果脳腫瘍が見つかりました。計4度の腫瘍摘出手術を行うなどした結果、ゴルフが出来るまでに回復したようで す。しかし3回大会のキャプテンはホセ・マリオ・オラザバルに譲り、前回からはコリン・モントゴメリー(モンティ)がプレイイングキャプテンとして参加し ています。

セベは17歳で欧州ツアーデビューを果たした1974年に2勝を挙げ、2年後の1976年には19歳の若さで欧州ツアーの賞金王に輝いています。全盛期の 80年代には世界ランキング1位を通算「61週」保持していましたが、90年頃から腰痛に悩まされ、またパッテイングの不調などにより1991年に6回目 の「欧州ツアー賞金王」獲得を最後にスランプに陥りました。その後スイング改造が上手くいかず、2007年7月16日に競技ゴルフからの引退を表明してい ます。

アジアチームの初代キャプテンは倉本昌弘でした。2回大会からは尾崎直道(ジョー)がキャプテンとなり、今回まで連続でキャプテンを勤めています。ジョー は、1991年と1999年に日本ゴルフツアーの賞金王に輝いています。1993年からアメリカPGAツアーに参戦し、8年間にわたってシード権を守りま したが、2001年シーズンをもってUSPGAツアーから撤退し、2006年からは、チャンピオンズツアー(米シニアツアー)に参戦しています。国内ツ アーは通算32勝で永久シードを獲得しています。

今回のアジア代表は石川遼、池田勇太、園田峻輔の日本勢と、ノ・スンヨル、キム・キョンテの韓国勢、地元タイのトンチャイ・ジャンディと中国のリャン・ ウェンチョンの7名が決定していました。活躍中の若手の多い人選は魅力的でしたが如何せん準備不足でした。キム・キョンテは「やっぱり球もよく飛ぶし、体 が動くよ」と語っていましたが、逆に「暑さで飛距離も稼げるのはいいけど、その分、球が散らばる」と初日終了後にコメントしています。真冬の韓国では、あ まりの寒さにラウンドはおろか、ショット練習もほとんど出来なかったようで、調整不足も相まって、何より安定感が武器の選手が大事なチーム戦ではそれが生 かせず苦しむことになりました。

腰痛を抱えながらも執念のエントリーを果たしたインドのジーブ・ミルカ・シンが最後に選ばれましたが、12月に開催された「ブラックマウンテン・マスターズ」を優勝した平塚哲二のほうが適任だったのではないでしょうか。

プレーオフの末、アジアンツアー3勝目を挙げたのですが、日本人選手で年間に海外3勝した選手は初めてではないでしょうか。この試合結果を見てから最後の 選手を決めたほうがよかったかもしれません。ワールドカップにも、2年連続で日本代表として参加している経験もあり、このコースをよく知っているのが何よ りの強みです。世界ランクも65位まで上がってきて「第2回ロイヤルトロフィー」に参加経験もあり、選出に問題は無かったはずです。もし参加していれば欧 州チームのヨハン・エドフォースのような役割を果たして、アジアチームの勝利に貢献してくれたはずです。

プレイングキャプテンのモンティは、1993年から1999年まで「7年連続」欧州PGAツアーの賞金王を獲得しています。2005年に6年ぶり8度目の 欧州PGAツアー賞金王に返り咲いていますが、欧州ツアー通算31勝、他の国際試合でも9勝を挙げています。米PGAツアーでは1度も優勝がないため、世 界ランキング自己最高位は2位(1996年10月)止まりとなっています。メジャーは未勝利ですが、5度の2位があり「ライダーカップ」には、91年から 8大会連続出場を果たしヨーロッパ選抜チームには不可欠な存在ですし、今年は欧州チームのキャプテンを務め、欧州チームを勝利に導いています。

モンティ(スコットランド)に選ばれたプレーヤーは、ヘンリック・ステンソン、ピーター・ハンソン、ヨハン・エドフォース、フレデリック・アンダーソン ヘッド(スウェーデン)、マテオ・マナセロ(イタリア)パブロ・マーティン(スペイン)リス・デービース(ウェールズ)でした。

M・マナセロは16歳だった昨年の「マスターズ」で史上最年少の予選通過を果たしています。直後の5月にプロ転向し、10月に欧州ツアー「カスティーヨ・ マスターズ」で初優勝を挙げています。その時のプレー振りは常に強気で、デビュー当時のセベ・バレステロスを見るようでした。昨年も参加していたP・マー ティンは、欧州ツアー開幕戦「アルフレッドダンヒル選手権」で、2位からスタートした最終日に逆転し、2年連続開幕戦勝利を飾っての参戦でした。すでに開 幕している欧州勢は、正月気分のアジア勢とは勝つための準備が違っていたようです。

モントゴメリーは「ブラックマウンテン」をホームコースとし、シーズンオフをここで過ごしているヨハン・エドフォースを選びました。09年末の「ブラック マウンテン・マスターズ」でも優勝していますし、コースをよく知る強みをかわれての選出だったのでしょう。ホアヒンには、たくさんのスウェーデン人が移住 しています、老後をホアヒンで過ごす方や、避寒のため訪れるようです。準地元のエドフォースが他の選手にたくさんのアドバイスを与えたことは間違いありま せん。

初日2勝2敗、2日目の全敗で窮地に追い込まれた欧州チームキャプテンは、最終日の各ホールのピンポジションやカップ周辺のライン等を、エドフォースをは じめ「ブラックマウンテン」をメンテナンスしている欧州人スタッフからも入念に聞き出し、選手達に伝えたはずです。普段使わないような位置に切られたカッ プに対して、シーズンオフのアジア勢は、準備不足で対応できなかったのではないでしょうか。真冬の日本や韓国から駆けつけたアジア勢は、タイの暑さに体力 を奪われ、最終日の疲れはピークだったでしょう。
しかし大逆転の最後の決め手は、欧州キャプテン・モンティの「なんとしても勝ちたい」という強い思いだったのではないでしょうか。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.