Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■小平PGAツアー優勝 5月1日
■マスターズウイーク 4月15日
■ルール変更 4月1日
■ベースボールグリップ 3月15日
■3月1日コラム
■2月15日号コラム
■2月1日バンコクライフコラム
■1月15日バンコクライフコラム
■1月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ12月15日コラム

アーカイブ
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

国際化戦略

トゥルーテンパー社は「ダイナミックゴールド」の性能とフィーリングをコンセプトに、新軽量シャフト「ダイナミックゴール ド・ハイローンチ」の発売を発表しました。「ダイナミックゴールド」は1980年の発売以来、四半世紀にわたり世界ナンバー1のスチールシャフトとしてプ ロの使用率も非常に高いシャフトです。
今回発売される「ハイローンチ」は、「ダイナミックゴールド ライト」(99年発売、100g以下)、「ダイナミックゴールドSL」(04年発売、100g以下)に続くシャフトで重量は実質、100〜110g台の中軽量級シャフトです。
最大の特性は、ボールの初期飛び出し角度を「ダイナミックゴールド」よりも1・8度アップし、ややスピンも抑えていること。弾道のピーク軌道を最大化した ことで、「ダイナミックゴールド」のフィーリングを生かしてボールをより高く上げたいゴルファーが対象者になります。当然シリーズ初の先調子設計というこ とです。「軽すぎない適度な重量があり、思い通りに楽にボールが上がります」と、発売元は説明しています。なお、スペックは「X100」(110g)、 「S300」(105g)、「R300」(100g)の3機種です。
「ハイローンチ」の考え方はライバルのライフルシャフトの専売特許だったはずです。

2006年にロイヤルプレシジョン「ライフル」ブランドを獲得し傘下におさめたことで、発売可能になったネーミングですね。トゥルーテンパー社は生産能力 拡大のため、新しいシャフト工場を中国上海郊外にオープンしました。同社CEO社長のスコット・ヘネシー氏は、「この新工場操業開始は、成長しつつある世 界のゴルフ産業、特にアジア地区ゴルフ業界に対し、当社が十分に支援サービスするため」と話し、2008年度にはフル生産に入る予定と付け加えています。 「ハイローンチ」は体格が良い欧米人ゴルファーには必要なく、アジアゴルファー向けの商品であることは間違いありません。

ロイヤルプレシジョン社もライフルの軽量シャフトを日本向けに発売していました。
またトゥルーテンパー社は、日本のクラブヘッドメーカー、(株)三浦技研(Miura Golf 社長:三浦勝弘氏)及び同社の専門フィッターネットワークと米国市場で提携することとなり今回のPGAショーに出展しました。この提携は、両社が持つ高級 クラブパーツ供給を拡大することにより、両社のフィッティングプログラムを高めるための提携だそうです。

トゥルーテンパー社セールスマネージャーのビル・レインジ(Bill Lange)氏は、「ミウラゴルフは、当社の高級ツアーコンセプトシャフトプログラムと完全にフィットする、クラフトマンシップによる鍛造アイアンヘッド に関する優れた経験と性能を有している」と話しており、一方のミウラゴルフ(三浦技研)北米事業の副社長、ビル・ホロワティ(Bill Holowaty)氏は、「ミウラゴルフとしては、トゥルーテンパー社及び同社の高級ツアーコンセプトシャフトプログラムと提携出来ることを喜んでいる。 ミウラの名前は40年以上にわたり優れた品質とクラフトマンシップと共にあり、この提携は、ミウラとトゥルーテンパーを知る洗練されたゴルファーに対し、 ゴルフクラブの提供をするという我々の目標を促進する」と話しています。

ミウラの工場と、私のミラクルアイアンを作っている工場は同じ街にあります。メッキ屋さんも同じです。大手マーカーのOEM専門だったミウラ。メーカーか らの注文がなくなったため自社ブランドでの海外進出でしょう。日本の軟鉄鍛造アイアンがもう一度世界から注目されることはうれしいことです。

ダイワ精工株式会社ゴルフ事業部は、同社ゴルフ用品ONOFF及びGIIIによる2008年度、米国市場再進出を発表しました。ダイワゴルフブランドの製 品は、カリフォルニア州セリトスに本社を置くダイワゴルフUSA社より出荷される予定で、出荷開始は2月下旬からの発売予定です。

ドライバーのSシャフトでも300g前後の総重量で、Rシャフトは280g台の超軽量が売りのクラブのはずです。そのまま欧米人に販売するには軽く、やわ らかすぎるのではないでしょうか。はたして日本で10万円のドライバーが、400ドルでプレミアムといわれる欧米で売れるのでしょうか?

ホンマはアメリカに進出する際にキム・ミヒョンと契約しました。
バンコクで合宿中のキム・ミヒョンにクラブを届けに来たホンマの担当者の話では「在米韓国人をターゲットに考えています」とのことでした。

ダイワも韓国で好調な売り上げを記録しているようです。となるとターゲットは在米韓国人ということになるのでしょうか。しかし韓国の販売システムには問題があります。
インターネットの普及とともに、少ないマージンでも販売する競争が激しくなっていて、価格も日本よりも安くなっています。
もちろん定価で販売しているショップなどありません。またノルマを達成すると、現金でキックバックする輸入代理店が多いため、キックバック目当ての商売になってきているようです。

売り上げが伸びないと代理店契約ごと転売してしまうことも良くあります。日本でも同じように売れない新製品は、半年もするとディスカウントショップや中古ショップに並びます。
結果としては商品価値を下げるような一年中ディスカウント状態の販売システムは、ゴルフ業界にとってはいかがなものでしょうか。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.