Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■小平PGAツアー優勝 5月1日
■マスターズウイーク 4月15日
■ルール変更 4月1日
■ベースボールグリップ 3月15日
■3月1日コラム
■2月15日号コラム
■2月1日バンコクライフコラム
■1月15日バンコクライフコラム
■1月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ12月15日コラム

アーカイブ
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

日本オープン

洪水の影響はいかがでしょうか、被災された方々には心からお見舞い申し上げます。週末はいつもコースレッスンに行くのですが、自重されるお客様が多く「日本オープン」の素晴らしい優勝争いを、韓国亭で「ライブテレビ観戦」しました。ダイジェストではなく、ほとんど全てのホールをライブで見るのは本当に久しぶりでした。

9年ぶりの優勝を狙う佐藤信人は、スタートホールのバーディチャンスを外しますが2番はうまくパーセーブとまずまずの出だしでした。しかし3番で手前からのアプローチを1mに寄せたのですが、この短いパーパットを外して初ボギーとしてしまいます。スタート前「こんなに緊張するとは、昨夜はあまり眠れませんでした」とプレッシャーを口にすることで、逆に気持ちを切りかえようとしていましたが、パターが入りまくった3日目までとはやはり違うようでした。

4番のパー5でドライバーを左の林に曲げ、2打目をフェアウェーに出し3オンでしたがここも決められずパー。5番もラフからナイスオンですが決められず。6番パー5もラフからの3打目をピンそばに寄せますが連続でタッチが弱くチャンスを逃がし、逃げ切りの流れを作れない、我慢の展開でした。

7番パー3でバンカーエッジのラフから上手く寄せたのですがやはり弱く、逆に2度目のボギーと悪い流れになってしまいます。8番では風を読み違えたのか、2打目を入れてはいけない奥のバンカーにオーバーしてしまい、そこからの高く上げたバンカーショットは4mオーバーの大ピンチ。これを外すと完全に流れが悪くなるというパットは、この日初めてしっかりしたタッチで真ん中から入り、佐藤はホッとした表情を見せていました。

続く9番もアプローチを1mに寄せナイスパーで勝負はバックナインに入りました。佐藤のひたむきな「復活」への努力を知る地元のファンの大声援を背中に受け1番から6番までのバーディチャンスがひとつでも入っていたら、佐藤は逃げ切れた様に思います。

そして迎えた10番ホール、佐藤のドライバーはまたしても左に引っかけて木に当たり、林に打ち込んでしまいます。2打目は少し出ただけで3打目もグリーンは狙えず4オンでしたが、これを外すダブルボギーとして2アンダーとスコアを落として久保谷健一、10番をボギーとしたベ・サンムンと並ぶ混戦模様になりました。

前の組で回っていたベ・サンムンの11番はグリーン手前からアプローチを寄せてパー。久保谷のセカンドはバックスピンで戻り距離はあったものの、手前のエッジからのバーディチャンスに見えまいた。しかしこれがピッチマークに沈んでいたようで、打った瞬間にバウンドし3mもショートしてしまう不運。想定外のミスからのパーパットを外し1アンダーと、久保谷は首位から一歩後退してしまいます。

しかし直後の12番で久保谷は、手前15mに乗せた上りのバーディパットを強めにど真ん中から決めて2アンダーに戻します。それを見たベ・サンムンはパーパットを外し1アンダーと逆転し、佐藤と並びトップに再浮上したのです。佐藤は11・12番のバーディチャンスが決められず、相変わらずノーバーディのラウンドが続きます。

14番パー5、ベ・サンムンは絶好のポジションにティショットを運び、270yを5番ウッドでフォローの風に乗せ1.5mのイーグルチャンスというスーパーショット。ベ・サンムンの奥に乗せた久保谷のバーディは入らず、ベ・サンムンがイーグルを決めて3アンダーと抜け出し大きなガッツポーズ。佐藤の14番はピンチでしたが、長いパーパットを決め1打差で追う展開になりました。佐藤はここまで7~8回のバーディチャンスを逃したはずです。しかし「外したら終わり」という難しいパーパットは8番と14番で決めており、バーディが来るまで頑張って欲しいという想いは、応援していた地元のギャラリーも同じだったでしょう。

15番パー3のティショットは久保谷、ベ・サンムンともに乗らず、ベ・サンムンはアプローチをショートしボギーで、パーセーブの久保谷と再び並びます。佐藤はまたしてもバーディパットが入らず、2アンダーで3人が並び展開で優勝争いが続きます。

16番の久保谷とベ・サンムンはパーオンしてグリーン勝負でしたが、どちらも決めきれずにパーと抜け出せません。ドライバーを握った佐藤のティショットはまたしても左の林に打ち込んでしまいます。しかしロープの外でギャラリーが座っていたためか意外にライが良く、そこから狙ったセカンドショットはグリーン手前でキックして2.5mに寄る「スーパーリカバリー」となりました。これを決めれば「ナイスカムバック」というパットでしたが、佐藤はこのバーディパットも決めることができませんでした。

17番はピンの奥に乗せるのを嫌ったのか久保谷、ベ・サンムンともに手前に乗せ2パットのパーでお互い一歩も引かず。16番のチャンスを逃した佐藤のラフからのセカンドは、右手前のエッジに弾かれるように右のバンカーに転がり落ちます。このバンカーショットは5m近くピンをオーバーしてしまいます。16番で決めきれなかった悪い流れか、さすがにこのパーパットを外し、ここで佐藤は一歩後退してしまいます。

最終18番パー4、久保谷のティショットはフェアウェーをキープ、ベ・サンムンは珍しく切り返しが早く、左に引っ掛け林に打ち込みます。2打目はグリーン方向には打てず、力技のフックボールでサブグリーン方向のラフに出してきました。久保谷はバーディチャンスにナイスオン。しかしベ・サンムンはそこからのアプローチをベタピンに寄せてナイスパーで久保谷を待ちます。そのバーディパットは無情にもわずかに届かず二人は並んでホールアウト。

プレーオフに参加するには、最終ホールのバーディが条件の佐藤のセカンドは2.5mにナイスオン。しかしこの日の佐藤はバーディパットを一度も決めることなく終戦となりました。初日からのパット数は26・26・25パットとランク1位でしたが、最終日は15・17の32パットと、前日まで魔法の様に入ったパットが決められずにストロークを落としました。

「昨日は早く寝たんだけど、1時間おきに何度も何度も目が覚めて、仕方ないから4コマ漫画を読んだけど、ちっとも面白くなくって……」と語っていた佐藤は、7月の第1次予選会、8月の最終予選を勝ち抜き「日本オープン」本戦出場にこぎつけたのです。今季は3試合目ですが2試合が予選落ちという最悪の成績で眠れないのも当然でした。2000年からの2年間で7勝を挙げ賞金王争いの常連だった頃には「パットの名手」と誰もが認めた自慢のパッティングで手が動かなくなり、大スランプに陥っていたのです。ツアー通算9勝を挙げていますが、2000年には年間4勝を上げて、片山&谷口と、三つ巴の賞金王争いを演じたのですが、同年には「日本プロ」を制覇し賞金ランクで自己最高の2位となっています。2002年は「日本ゴルフツアー選手権」と「日本プロマッチプレー」でも勝利を挙げています。


2003年には「欧州ツアー」を選択しQTを勝ち抜き本格参戦を果たしました。ネバダ州立大卒業でもともと海外志向の強い選手でした。スイングは重心が低くボールコントロールに優れ、学生時代を過ごしたアメリカより、リンクスコースの多い欧州を選んだのは正しい選択だと思っていました。しかし真面目で真摯な取り組みが災いしたのか「パッティングイップス」にかかり、それを境にスランプに陥っていました。賞金ランキングもボーダー線上をさまよい、ついに2009年には「シード権」まで失っていたのです。

「パッティングイップス」という、辛い現実に真正面から向き合うために「逆に手が動かなくなったことを思い出しながら練習した」そうです、また「ティショットを曲げても、OBしても、3パットしても勝てなくても良い、それでプレーが疎かにならないようにして、出た結果を受け入れる」ことを繰り返し、どんな時も「試合の緊張感を持ちながら」プレーするように努力してきたということです。「今はなるようにしかならない、どうなってもいいですよ、という感じです」と語りましたが、現実を受け止め、その中でベストをつくすという戦いを最後まで貫きました。その表情と姿勢はひとつでも入ってくれればというパットがことごとく外れても、崩れることはありませんでした。残念ながら9年振りの優勝は逃しましたが、台頭する若手のお手本になりうるベテランの復活は日本ツアーにとって明るい材料です。地元ファンの声援を力に「イップスからの脱出」と、来年の「シード権」を獲得した佐藤に大きな拍手を贈りたいですね。

18番で行われたプレーオフは、正規の18番とは逆に久保谷がティショットを左に曲げ3オン、ベ・サンムンがフェアウェーキープから2オンの展開で、長いパーパットを久保谷が外し決しましたが、2週連続優勝に挑んだ久保谷の戦いも立派でした。「キャディとドライバーが曲がりすぎていたので、二度と打たなくていいなって話をしていたら、もう一回って感じで… 賞味期限切れでした」と、相変わらずのボヤキでしたが、プレーオフを戦う「気力・体力」は残っていなかったようです。日本で試合が無い時に、アジアに戦いの場を求める久保谷や平塚の活躍は、間違いなく若手のお手本です。彼らの後を追う若者が、大挙してアジアンツアーに参加して欲しいものです。

優勝したベ・サンムンは、先週の予選落ち後韓国に帰り「リフレッシュ」してきたのもプラスになったようで、初日から安定したプレーを見せていました。韓国勢の「日本オープン」制覇は、延原徳春(延徳春、1941年)、ハン・ジャンサン(韓長相、1972年)、キム・キョンテ(金庚泰、2010年)、ベ・サンムン(裵相文、2011年)の4人で二年連続となりました。

180センチの体格に恵まれたベ・サンムンは、正確なショットを武器に08・09韓国ツアー賞金王に輝いています。昨季の日本ツアー賞金王キム・キョンテとベ・サンムンは同じ歳で1986年生まれです。「チョイさん(K・J・チョイ)と、ヤン(Y・E・ヤン)さんを除けば、韓国人では彼が一番上手いと思う」と7歳でゴルフの英才教育を受け、自身より3年早く2003年にプロになったライバルのことを絶賛しています。ベ・サンムンのスイングは左軸足と体幹を安定させ、上半身のしなやかさを生かしてスイングします。ショートゲームも上手く、最終日は完璧なラウンドでした。シーズン当初より年末の米国QT受験を表明していますが、現状を見ると石川やキム・キョンテよりベ・サンムンの方が先に「世界のステージ」で通用する様に感じた「日本オープン」でした。

「アジアアマチュア選手権」は、松山英樹が2年連続優勝を果たし、日本人一番乗りで、来年の「マスターズ」の切符を手に入れました。松山は「最初から最後まで勝ちたいと思って出場した試合で、初めてというほど最後まで緊張が解けず、足の震えが止まらなかった」と語り、その理由として「今年出場したマスターズで、18番でのスタンディングオベーションを受けてから,どうしてもあの場所に戻りたい気持ちになった」とマスターズへの想いを語りました。逆転を狙って臨んだ最終日、スタートからバーディを奪い、3日目を終えてトップのベン・キャンベルの2番ダブルボギーで一気に逆転します。しかし再度キャンベルが7・8番を連続バーディで追い上げてきた9番でバーディを奪い突き放しました。展開を見ながらの1番・9番のバーディは、攻めどころを認識しているかのような戦い方でした。

優勝後のインタビューで「あまり調子が良くなかった」と語っていましたが、17番の短いパー4はバンカーの手前にレイアップしピンそばへ、惜しくも決められませんでしたが確実にパーをセーブして、2打差の余裕を持って最終ホールへ。韓国のイ・スンミンがバーディで一打差になったもののここもセカンドをレイアップして、確実に3オン2パットで1打差を守りきりました。前半で逆転した後は、確実にチャンスを決めてノーボギーの内容でした。攻めと守りのタイミングを熟知しているかのような20歳の松山は、2年連続の「アジアアマチャンピオン」として「2012・マスターズ」に出場します。

 

 



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.