Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム
■ゴルフスタイル2月号
■日本シリーズ ゴルフスタイル新年号
■岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号
■日本オープン ゴルフスタイル11月号

アーカイブ
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

PGA事業展開

USPGAツアーのビジネスは、単にトーナメントを運営するだけではありません。
トーナメントに関連するビジネスには、まず放映権があります。世界140カ国に放映され、約4億世帯がPGAツアーのトーナメント中継をテレビ観戦しているといわれています。
さらに収入源としては、トーナメント会場のコーポレートテントがあります。巨大で豪華なインテリアと食事、ホスピタリティを持ち合わせるテントを企業がその大会中に買い、クライアント接待やセールスレップ招待などに利用します。
このテントがトーナメントによっては、いくつも建ちならび、そこでテレビ観戦やパーティを開いて楽しんでいます。そのほかにも、ワールドゴルフビレッジの 運営、PGAツアープロダクションでは番組制作。PGAツアー・リゾート。PGAツアーのウェブ収入など、さまざまな事業展開をしています。

ワールドゴルフビレッジはフロリダ州セント・オーガスティンにあるゴルフのテーマパーク。1998年に完成し、ここに世界ゴルフ殿堂、18ホールのコース が2つ。ホテルが4つ。そして映画館、スパ、ショッピングセンターなどが揃っていて、しかもその周辺に別荘販売も手がけています。

青木功、樋口久子、岡本綾子がゴルフ殿堂入りして表彰され、記念の品々を展示しているのが世界ゴルフ殿堂です。
この敷地内にPGAツアープロダクションもあり『PGAツアー18』という番組をはじめ、数多くの番組を3ツアーそれぞれ制作し、全米のケーブルテレビ局や世界へ発信しています。
さらに全米各地の空港内に「PGAツアーショップ」を展開、PGAツアーのロゴ入り商品の販売をしており、これがいま40ヵ所以上になりさらに店舗数が増えているようです。

このライセンス・ビジネスは、もちろん数々の商品を生み出し、米国内でもスナック菓子など含めると40社(種類)、海外でも同じくらいのライセンス商品が あるそうです。またTPC(トーナメント・プレーヤーズ・クラブ)ネットワークという部門では、トーナメント・プレーヤーズ選手権が開催されるTPC・ アット・ソーグラスをはじめ、全米で30コースを保有。デザイン、プランニング、運営、運営協力などを手がけています。

そのほかにも、『ファーストティー』といってジュニアゴルファー育成プログラムを支援しています。
これは子どもたちのスキルを伸ばすプログラムで、各地の企業などの協力を得て開催されています。全米200カ所近く開催し、すでに60万人以上の子どもたちがプログラムを体験したそうです。

それら収入の中から、選手年金制度の資金が成り立っています。例えば、PGAツアープロダクションでは番組制作での収益も、年金に回されています。それが すでに1980年代初めには計画、設立され、そのときから年金資金としてプールされていたのです。全ての事業が年金プール金に…どこかの国のPGAとは大 違いですね。

1980年代、当時のコミッショナーであるディーン・ビーマン氏のアイデアで、事業展開と年金制度のグランドプランをつくり、ひとつひとつ実行してきたの が基礎となっています。当初は、テレビ放映権料やスポンサー料、各選手の賞金から拠出金などを運用し、分配するというものでしたが、それ以外の事業が拡大 して、膨大な年金を選手たちが、活躍年数、その成績という実績で分配されるシステムに変わってきました。

PGAツアーのブランド力をフルに活用して拡大してきたビジネス展開が、タイガー・ウッズをはじめとするスター選手たちの活躍で、より米ツアーの活性化と ともに、急成長したのです。年金制度には実は複雑なシステムがあります。その選手がどれだけ活躍したかで金額が大きく変わります。
基本的には、予選通過を果たしたトーナメント数が、年金支給額の基礎となり、予選通過試合数、賞金獲得額から計算されます。たとえば1試合予選通過すれば約3500ドルが各選手の年金用資金としてプールされます。
最低5年間、最低15試合がこの基準で、さらに予選通過をすれば、プールされる金額が倍の7000ドルになります。
もちろん優勝すればボーナス金がプールされ、在籍年数によっても数字は変化するのです。予選通過し活躍するということは、選手個人のみならず、ツアー全体にとっても、その選手が貢献しているということになります。
さらに優勝による活躍度で、それだけPGAツアー、ゴルフファンにたいして影響、貢献をしたわけですから、そのぶん支給額も増えるということになります。
ですから、選手は巨額の賞金や年金制度のために、競争意識がさらに高くなり多くの選手がトーナメントに参加する意識を持つことにもつながるわけです。

単純計算で、ある選手が年間30試合出場し、20試合予選通過したとすると、15試合までのプール金3500ドルの合計が、5万2500ドル。さらに15 試合以上は倍額になるから、7000ドル_5試合で3万5000ドルとなり、トータル8万7500ドルが年金資金としてプールされます。10年間、同じ ペースの成績ならば、選手ひとりのプール金が、87万5000ドル。
そのプール金と数々のビジネスでの利益をさらに資産運用してPGAツアーのビジネス展開が行われているわけです。
米ゴルフ誌によれば、タイガー・ウッズが受け取る年金は200億円に達するようです。

ブランド力をより強化し、魅力を与え、そこに携わる選手たちに年金として還元していくUSPGAツアー、プロテストの受験料が予選から最終テストまでで50万円以上もかかる日本ツアーが、今後、真剣に取り組むべきテーマではないでしょうか。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.