Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■小平PGAツアー優勝 5月1日
■マスターズウイーク 4月15日
■ルール変更 4月1日
■ベースボールグリップ 3月15日
■3月1日コラム
■2月15日号コラム
■2月1日バンコクライフコラム
■1月15日バンコクライフコラム
■1月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ12月15日コラム

アーカイブ
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

2007ニューボール

今年も新モデルのボールが続々と登場してきました。
プロや上級者の間で人気の高いボールは、ドライバーで打つと硬く、平均以上のヘッドスピードがなければボールが上がりきらない反面、早く振れれば振っただ けの飛距離が出るように設計されています。逆にアベレージゴルファー向けのボール打感がやわらかく、遅めのヘッドスピードで適正なスピン量で飛距離が伸 び、曲がりも少ないように設計されています。ハードヒッターが柔らかすぎるボールを打つとボールがつぶれ過ぎてスピンがかからずドロップ気味になります。
糸巻きボールの時代、ボールにはコンプレッション表示がついていました。

コンプレッションとはボールを2,5ミリ押しつぶすのに必要な力の数値で、コンプレッション100の場合、2,5ミリつぶすのに100kgの力が必要だということになります、つまりボール全体の硬さを数値で表したものです。
そのころコンプレッション90はアベレージゴルファー向けでボールにプリントされている数字が赤、コンプレッション100は上級者、プロ用で数字が黒になっていました。

最近は構造が多層化し素材も多様化しており、一概には言えませんがコンプレッションが硬めのボールはハードヒッター向けで、柔らかめのボールはアベレージゴルファーに合っていることは間違いないでしょう。

次の表は新旧モデルのコンプレッションをコンプレッション270で測定した数値です、メーカーによって硬くなったモデルや柔らかくなったモデルがありま す、ボール選びの参考にしてください。なお気温17度の同条件で測定したものですが、測定機器が違うためメーカーの発表数値とは一致しません。

アイオノマーカバーのアベレージゴルファー向けのボールで、表以外で一番柔らかいのがウィルソンスタッフ50でコンプレッ ション63、ナイキイグナイト2が76ですが、アプローチのスピン量はウィルソンスタッフ50が3,771rpm、スーパーニューイングLS330が 3,634rpm、ナイキイグナイト2が4,513rpmの順にスピン性能は優れています。しかし飛距離性能を考え、高打出し低スピンという面ではスー パーニューイングLS330や硬度を上げてきたゼクシオDCが優れています。
最近のベストセラー、ウレタンカバーのタイトリストプロV1は98から89、NEWプロV1Xも114から104と柔らかくなりなりました。スリクソンやナイキも柔らかくなっていますがX-01は硬度を上げてきました。
スピン性能ではNEWプロV1・6,670rpm、NEWプロV1X・6,330rpm、ブリジストンX−01R4・6,388rpm、スリクソン NEWZ−UR・5,941rpm、ナイキONE+プラチナ・6,529rpmとなっています。アイオノマーカバーのディスタンス系とのスピン性能の差は 大きく、上級者がウレタンカバーを好む理由がここにあります。

いずれにしてもご自分のプレースタイルに合わせて選択するべきで、スピン性能を重視ならウレタンカバーという選択は正しいと思います。
ドライバーはインパクトでヘッドスピードが速く、ボールは大きく変形します。
しかしウエッジではインパクトでボールはほとんど変形せず、表面のごく薄いカバーが凹む程度の変形しか起こしません。
そこで内部構造をドライバーからロングアイアンあたりのクラブにメリットが出るようにして、一方カバーはショートアイアン、ウエッジで打ったときにスピンが掛かるように作る。
たとえば一番外のカバーは摩擦力が大きく、スピンの掛かる素材を使う。
一方コア球の中心部分を柔らかくして、ドライバーで打ったとき大きくつぶれソフトに感じるようにし、スピンも掛かりにくくする。
カバーはソフトなままだとドライバーで打ったときにボールが変形しすぎるためエネルギーを損ないます。
そこで外側に柔らかいカバー、内側に硬いカバーのダブルカバーにしたり、硬いアウトコアと柔らかいインナーコアとの2層コアにしたり工夫しているのです。
私のスタジオには打ち出し角、初速、スピン量等が測定できる弾道測定器を設置してあります、使ってみたいボールをご持参いただければ測定いたします。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.