Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■2月1日バンコクライフコラム
■1月15日バンコクライフコラム
■1月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ12月15日コラム
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム

アーカイブ
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

リアルロフト

メーカーがクラブに表示しているロフトの数値は、実数値とは全く違います。表示ロフトが9度なのにリアルロフトは8.5度しかないものもあれば、表示ロフトが10度でリアルロフトは13度のヘッドもあります。本当にすごい業界ですよね。

ロフトの違いが打ち出し角を変えることは説明してきました。
理想の打出し角度は12〜15度前後と言われていますが、何故幅があるかというとスピン量も関係してくるからです。
以前、ボールテストをメーカーとした時、開発担当者から打ち出し角とスピン量によって決まる滞空時間が重要だと聞きました
タイガー・ウッズの滞空時間は6.7〜7秒弱。アマチュア男性で6〜6.3秒位の滞空時間が1番飛ぶと教えてもらいました。

私のスタジオで測定に用いているアキュベクターは滞空時間が表示されます。お客さんのデータの滞空時間を見ているとやはり6〜6.3秒位が一番飛んでいます。
滞空時間が短い場合はキャリーが不足しているのでシャフトを柔らかく軽量化する、それとロフトを少し増やすことが効果的です。逆に滞空時間が長いと空気抵抗が多いからラン少なくなります。こういう場合は固く重めのシャフトに変えて、ロフトを少し減らした方がいいでしょう。

最高到達点も重要なポイントです、女子プロの場合、数値的に1番飛ぶのは最高到達点が30〜33ヤード(30m)位の数値が理論値になります。しかし女子プロの多くは28ヤード(25m)くらいを好んでいます。
何で理論値を好まないかというと、彼女達はランがでる弾道を好むからです。
彼女達は向い風が吹いた時に、これくらいの高さの方が風に強いことも考慮しているのです。

最近日本の女子トーナメントを見ているとドライバーの落下地点付近が非常に固くなっているように感じます。
ファーストバウンドが異常に前に跳ねているように見えるからです、まさかと思いますが、スポンサーである飛距離を売り物にしているクラブメーカーの強い要 望にこたえて、硬いフェアウェーにしているのでしょうか?しかし現実に「高打ち出し・低スピン」でファーストバウンドが前に跳ねるような打ち方をしている 女子プロが増えてきています。

最近は20度以上の角度でバックスピン量2000回転以下などという、以前なら考えられないような球筋が最近推薦されています。こういった「高打ち出し・低スピン」の球筋のほうが、机上の計算では飛距離に有利なようで、最近ボールの開発もその方向に進んでいます。

キャリーで飛ばしたい人であれば、最高到達点が30〜33ヤード位に、ランで飛ばしたい人には最高到達点が25〜28ヤード位にフィッティングするようにしています。

ヘッドスピードの速い人と遅い人とはデータの見方がちょっと違ってきます、ヘッドスピードの遅い人はなかなか飛距離が出ません、できるだけ初速が上がるようフィッティングして飛距離が出しやすくします。

ヘッドスピードの速い方は初速も速くなります、しかし初速というのはあまり速くなると空気抵抗が強くなります、ヘッドスピードが速い人の場合、打出し角度 とスピン量のデータが重要になります。 具体的にいうと、ヘッドスピード40m/sくらいの人だったら、 ①まず初速が上がるかどうか。 ②打出し角度を13〜15度前後に ③ バックスピン量は2400〜2800回転が理想です。 ヘッドスピード45m/sを超える人は ①バックスピン量2200〜2600回転に抑え②打出し角度は12〜14度前後③ 初速が上がっているかどうか。 という風に、優先順位を変えてお客様の弾道を分析しフィッティングしています。

ボールはディスタンス系とスピン系の2種類があります、飛ぶボールの条件は何か? 初速が速く、スピンが適正になるボールが1番です。

ディスタンス系ボールは実はヘッドスピードが速い人が打つとボール初速は以外と出ないのです。低スピンを謳っているディスタンス系ボールとか、ソフトなコ アと呼ばれているボールは、ヘッドスピードの速い人(260y以上飛ぶ人)が打つとボールのつぶれが大きいので、以外と初速は速くなりません。

ディスタンス系が飛ぶというのはドライバーに関していうと、半分は当たって半分は当たっていません。
テストをしていて、ディスタンス系よりもスピン系のボールの方が初速が上がる場合が少なくないのです。
一般アマチュア男性だとヘッドスピードは40m/s位なので、少し軟らかい方が初速が上がる場合があります。
ヘッドスピードによって飛ぶボールはかなり変わります。
以外と知らないと思いますが、初速が上がるボールはスピンがかかりやすいのです。
私の場合初速が上がるボールを使いたいから当然スピンが増えてくる。そしたらクラブでスピンを減らすようにします。
逆に初速があまり出ない人で、スピンが多い人だったら、ボールでスピンを減らす方法もあります。
ボールによってスピン量は100〜300回転位は変わります、回転数が変わることによって、5ヤード位は飛距離が変わってきます。

ボールもフィッティングする時代になりました、ヘッドスピードが遅いからとか、ボールを飛ばすならディスタンス系!という固定観念を持つことは間違っています。

粗大ゴミを売るクラブ・メーカー

各メーカーが「飛距離が10ヤード〜20ヤード伸びます」なんてクラブを年々競って売り出しています、しかしそのほとんどは心底飛距離を欲している非力な人や年配者にはあまり役立っていないのが現状です。
それどころか、何とか目先を変えて新しいクラブを売りつけようと、シャフトを年々長く伸ばしていき、それが行き渡ってもう売れる余地がなくなったと見るや、今度はシャフトを短くし、こっちの方が実は飛ぶんですと詐欺まがいの売り方をしています。

ルール改正年である2004年に、クラブの長さの最長が48インチと規制され、それと同時に、『60度法』という測定法で長さの概念が統一されました。
しかし48インチ以下のクラブに関しては各メーカーの測定基準点が違いクラブの長さがメーカーによって微妙に差があることをご存じでしょうか。クラブに貼ってあるシールに表示されている同じ長さのクラブを何本か並べてみて下さい。
同じ45インチとシールに表示してあっても明らかに長さに差があります。おそらく最長と最短の差は、1/2インチ以上あるかもしれません。
これは、ゴルフ業界全体において、いろんな意味で、混乱をきたすことになっていると言っても過言ではありません。

高反発デカヘッドのドライバーもしかり。「うん、ほんと、これ飛ぶかも」と、珍しくゴルファーに喜ばれるクラブが普及したと思ったら、2008年の高反発規制が発表されました。
するとどうでしょう。すかさずメーカーはこれに便乗し「違反クラブはどうぞ新製品の適合クラブにお買い換えを」と宣伝合戦をはじめています。

高反発クラブは公式競技やクラブ競技で使用が禁止され、同クラブで出したスコアでは公認ハンディが取れないというだけのもの。一般ゴルファーが遊びでする ゴルフには何の問題もないのです。私にはルール変更に便乗して、適合クラブへの買い換えをアピールする、結果として販売促進を図るためのルール改正としか 思えません。

SELは「スプリングフェース効果」ということですが、なぜ規制されたかというとUSGAからは非常にあいまいな答えしかかえって来ません。
1990年代の半ばに無名のツアープロがルールを決めるUSGAの役員に「チタンドライバーをどうにかすべきです、飛距離が出すぎて試合が台無しです」と話した一言からUSGAはPGAツアーのドライバーの飛距離を調査したのです。
結果として15年で20ヤードほど飛距離が伸びていることが分かりました。

しかし同じ15年で①パーシモンのドライバーより軽量化が進み、ツアープロのヘッドスピードの平均値も上がっていた②使用されたドライバーの長さの平均値 も伸びていた③ドライバーのロフトの平均値が減少した④ツアープロはみんなカスタムメイドのクラブを使うようになっていた⑤試合を早く進めるためにフェア ウェーは短く刈られ、給水が抑えられた⑥ボールの飛距離性能は上がった⑦シャフトの性能も上がったというようなことは考慮されなかったのです。

もっとも奇妙なのはUSGAがロボットか実際のゴルファーを使って反発係数(COR)の高いドライバーの飛距離テストをしなかったことです。
USGAは科学的なテストではなく机上の計算で規制のルールを作ったのです、最初から結論として平均飛距離を伸ばしたのは反発係数だと結論付けていたとしか思えません。

クラブのヘッドがボールに当たると、ボールはフェースにつぶされ、フェースは内側に曲がります。ちょうどトランポリンでジャンプしているのと同じです、これがスプリングフェース効果です。
インパクト時にフェースがもっと内側に曲がり素早く戻るようにすれば、ボールのエネルギー損失が減ります。
当然ボールスピードが増し飛距離が伸びるのです、チタンは強度と弾力性に優れていて以前の素材より大きくたわみます。
現在USGAのSELが規制に適合しているかどうかを判定する方法は反発係数を検査する方法から「キャラクタリスティック・タイム」と呼ばれる方法に変わりました。

テストはスチールのボールを振り子にしてフェースの中央にぶつけます。そしてボールが反発する前にフェースにとどまっていた時間を高性能センサーで測ります。
フェース面を大きく、広くすることで「特殊肉厚フェース構造」が可能になり、ボールスピードを最大限に引き出しながら、芯を外れたショットのボールスピー ドの減速を最小にできるようになりました。高慣性モーメントや高性能シャフト、ボールの進化などの飛距離を伸ばすための重要な要素の組み合わせひとつに、 スプリングフェース効果も含まれるだけなのです。

新しく買わされたクラブもいずれは型遅れとなり、我慢して使い続ける人は自分のクラブにひけめと不満をもって使うことになる。メーカーが鳴り物入りで売り 出した〝先進テクノロジー〟のクラブを、メーカー自身がわずか1〜2年で粗大ゴミ化してしまうような売り方をしているのです。

もしゴルフを真に大衆のスポーツにと願うなら、こんな使用者を欺くような物の売り方はすべきでないと思います。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.