Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■2月1日バンコクライフコラム
■1月15日バンコクライフコラム
■1月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ12月15日コラム
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム

アーカイブ
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

ミスショット Ⅱ

アドレスに問題があるため、コースで起こるミスショット前回は飛球線後方からの画像で説明しました。今回は正面から見るチェックポイントを考えて見ましょう。
アドレス時の両股関節と両膝の位置が赤丸です。

トップオブスイングでは右足を軸足にして、腰の高さが上下動せずにボディーターンしているのがわかります。

インパクトでは右股関節がアドレス時に左股関節があった赤丸の位置まで押し込まれています。切り返してからの重心移動に よってブランコを漕ぐのと同じように、加速状態のインパクトゾーンを作ることが出来るのです。高さを変えずに股関節とお尻が回転することで、中心ラインに 右膝・右肘(黄色丸)を押し込む理想的なインパクトになっています。

フィニッシュでは右サイドが左サイドを追い越し、アドレスで左腰・左ひざがあった赤丸を結んだ黄色線上でバランス良く立っているのがわかります。

前傾角度が保てずに、起き上がった状態でボディーターンするゴルファーは、重心の移動ができずに中心ラインより右側でイン パクトゾーンを迎えます。練習場のマットは手前からヘッドが入っても滑るためミスショットには感じません。コースの芝生は滑ってくれないため「練習場では 当たるのにコースではダフリ気味」ということになります。スイングチェックご希望の方はサミー・オオタカまでご連絡ください。

ミスショット

アドレスに問題があるため、コースで起こるミスショットを考えてみましょう。
ボールを上げようとして左肩が上がり、右肩を下げて体幹を右に傾けてアドレスしていると、ヘッドが手前に入りやすいことはお分かりでしょうか。ダフリ気味 の方は一度チェックしてください。左肩が上がったアドレスで力むと、ダフらなくてもインパクトではさらに左肩が上がりフェースが開き、スライス・シャンク が出やすくなります。
インパクトゾーンで左肩が上がり気味の方は、アドレスで意識して左肩を下げて、両肩のラインを同じ高さにするようにしてください。ボールの写真を真上から 撮るような目線を作ると良いでしょう。ボールの右サイドを撮るような目線は、ドライバーの総重量が100匁(375g)もあったパーシモン時代の構えで、 現代のクラブにマッチした理論ではありません。年齢や疲れから足の前側に体重がかからず、かかとに体重がかかりすぎたアドレスになっているゴルファーも多 く見かけます。かかと加重のアドレスはアドレスでグリップが体に近くなりすぎます。そのまま振るとダウンスイングで体が邪魔をするために、つまったような 上体が起き上がりやすい、振り抜けないスイングになります。結果としてフェースが開いて当たり、右に飛ぶ弱々しいボールで距離が出ないという結果を引き起 こすのです。
両足のかかとの下にボールを置いてそのボールを踏むように構えてみてください。
おへそをボールに向けるように前傾して、体幹とシャフトが95度前後になるようにすることがポイントです(写真参照)

ボールのだと滑りやすいので代わりに薄い板にかかとを乗せる方法や、かかとを上げたままスイングする練習ドリルもあります。自然に両足の拇指丘に体重が乗っているアドレスが出来ると、スイング中に下半身でバランスが取れて、どんな傾斜でも対応が出来ます。
かかと加重のアドレスではつま先下がりや左足下がりの傾斜は絶対に打てません。
両足のかかとで板を踏んだ状態ではフルスイングは出来ませんが、ハーフスイングでスイング中の前傾角度を保つ感覚を覚えるには非常に良い練習方法です。前 回のオーバースイングでも述べましたが、いつまでもバックスイングをしているとオーバースイングという無駄を作るだけです。アドレスではバックスイングの ポジションをイメージして、バックスイングでは切り返しをイメージと、常に先のポジションをイメージして、切り返したら慣性にまかせるのが「流れるような スイング」を作るポイントです。上半身がトップに達する前に、下半身が先に目標側に踏み込んでいく動きが「切り返し」ですが、どの方向に力をかけ続けるか が重要です、ボールと目標地点を結んだターゲットラインに対して力をかけながら振りぬくことが重要ですが、そのためには体幹の前傾角度を保つことがポイン トです。(写真参照)

ボールと体幹の距離を保てずに、アプローチでダフリ・トップが出るゴルファーにも効果があります、練習場で一度お試し下さい。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.