Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■2月1日バンコクライフコラム
■1月15日バンコクライフコラム
■1月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ12月15日コラム
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム

アーカイブ
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

プリンセス誕生

アリゾナ州マラナにあるザ・リッツ・カールトンGCで開催された、 2011年WGC第1戦「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」で、石川遼の一回戦の相手は、私が今年の活躍を予想したC・シュワルツェルでした。

C・シュワルツェルの欧州開幕戦からの成績は、5試合全てでトップ10入り。初戦の「アルフレッドダンヒル選手権」で2位に入り、第2戦の「南アフリカ オープン選手権」では優勝したアーニー・エルス、2位レティーフ・グーセン、3位ルイ・ウーストハイゼンという「メジャーチャンピオン」に次ぐ4位に入っ ています。

第3戦「アフリカオープン」では、プレーオフで優勝したL・ウーストハイゼンに一打及ばず4位に入り、第4戦「ヨハネスブルグオープン」は2位に4打差をつけて2年連続優勝を果たしています。

第5戦「アブダビHSBC選手権」で8位に入った後、風邪のため体調を壊したようで2週間のオフの後の参戦でしたが、まだまだ準備不足の石川がかなうはず が無いと思っていました。しかし20ホール目に石川がパーセーブできずに決着と、お互い取り合いの接戦に持ち込み、石川はその非凡さを今年も証明してみせ ました。

池田勇太は団体戦の経験が豊富で「マッチプレー」に長けている、ミゲル・アンヘル・ヒメネスとの一回戦でした。池田は相手のプレーを見ていて、負ける気が しなかったのでは?しかしヒメネスは見た目より強い、欧州を代表するプレーヤーです。M・A・ヒメネスの戦術にまんまとはめられたような負け方でした。

藤田寛之の一回戦の相手、ロバート・カールソンは2008年欧州賞金王で、去年の欧州ツアー最終戦「ドバイ・ワールドチャンピオンシップ」で、イアン・ ポールターとのプレーオフを制し、一試合で750万ドルを持っていったプレーヤーです。やはり今季初戦の藤田にはかなうはずのない相手でした。

昨年の世界ランキングで出場を果たした日本勢3名と、日本の賞金王キム・キョンテでしたが全員一回戦敗退では、日本ツアーの実力が疑われてもいたしかたありません。

圧倒的な強さで決勝戦まで勝ち上がったルーク・ドナルドと、安定感抜群で勝ち上がってきたマーティン・カイマーによる決勝戦は、最初の5ホールでL・ドナ ルドが3アップのリードを奪いここも圧勝の流れでした、しかし6番からM・カイマーが逆襲しオールスクエアで後半へと、決勝らしい戦いでした。L・ドナル ドは9番のセカンドのミスで逆に吹っ切れたのか11番、12番、15番とアップを重ねて勝利しましたが、M・カイマーは勝負どころのパットがことごとく外 れたのが敗因でした。一つでも入っていたら流れは変わっていたかも知れないという展開をL・ドナルドが制しました。

イングランド勢は去年のI・ポールターに続いて2年連続優勝でしたが、負けたものの世界ランク1位に上がったのはM・カイマーでした。2位に落ちたのは L・ウェストウッドで、3位にL・ドナルドがランクアップし、4位もG・マクドウェルと欧州勢が昨年の流れのままに上位を独占。5位に落ちたタイガーと6 位のP・ミケルソンに、7位のポール・ケイシーが肉薄という米国勢にとっては屈辱的なランキングになりました。どうやら「マスターズ」まではこのままのよ うです。

シンガポールにあるタナ・メラCCで開催された、米国女子ツアー第2戦「HSBC女子チャンピオンズ」の最終日。単独2位からスタートしたカリー・ウェブ が4連続を含む6バーディ、3ボギーの「69」で回り、通算13アンダーで逆転勝利を手にしました。K・ウェブに1打差をつけて単独首位からスタートした 有村智恵は、4バーディ、3ボギーの「71」と伸ばしきれず、通算12アンダーの単独2位フィニッシュ。K・ウェブに逆転を許し、惜しくも米ツアー初優勝 を逃しました。

2009年シーズンに5勝を挙げた有村は、昨シーズンは年間1勝に終っています。シーズン後半に体力不足を痛感した有村は、基礎体力の重点強化を図るた め、1月に2週間の宮古島合宿をこなし、第2段としてフロリダ・オーランド合宿3週間と、シーズンオフをトレーニング中心に過ごしたようです。

昨年の活躍で、オフシーズンもイベントや仕事の対応を年末までこなし「体力的にはもう少し休めたらよかったと思う、今までのオフで一番短かったんじゃないかな」と語っていた宮里藍とは違い、今シーズンのための準備をしっかりしてきたようです。

優勝がかかった最終日は、9・10番連続バーディの後の11番のボギーが痛かったですね。12番で追いつかれ、13番はともにバーディと一進一退の攻防で したが、11番からの4連続を含む6バーディ3ボギーの69で回ったK・ウェブに逆転負けを喫しました。しかし米国でも十分通用することを証明し、今年の 日本での活躍は間違いありません。

カリー・ウェブは1999年のデュモーリエ・クラシックで女子メジャー大会初優勝を果たしています。2001年、全米女子プロ選手権初優勝により史上最年少の26歳6ヶ月で「キャリア・グランドスラム」を達成し“女性版タイガー・ウッズ”と呼ばれた時期もありました。
2006年のメジャー「クラフト・ナビスコ選手権」で、初日からトップに立っていたロレーナ・オチョアとのプレーオフを制して、6年ぶり2度目の優勝を 飾ってから不調に陥りましたが、2009年は「Jゴルフ・フェニックスLPGAインターナショナル」で2年半ぶりに勝利しています。今季初戦の「ホンダ LPGAタイランド」でも初日74の後、68・68・69で3位まで追い上げてきました。有村は残念でしたが3度も賞金女王に輝いた、超大物の復活です ね。

沖縄県の琉球ゴルフ倶楽部で開催された、国内女子ツアー初戦「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」のは5位タイからスタートしたパク・インビ が通算11アンダーまで伸ばし、国内ツアー3勝目を手にしました。昨年のアン・ソンジュに続き、2年連続で韓国勢に開幕戦を持っていかれました。宮里藍、 宮里美香の沖縄期待の両名がよもやの予選落ちと残念な最終日、最終組の一組前、上田桃子、森田理香子と共にラウンドしたパクは2番、4番でバーディを奪う と、7番からは3連続。8番では10mのロングパットを沈め、9番は第2打をベタピンにつける好調ぶり。13番でボギーを叩いたものの、16番も10mを 決め、そして最終18番もバーディで締め、2位に3打差をつける完勝でした。

韓国では、国際大会でのメダル獲得を目的に、毎年小学生から大学生までの実力ある男女約70人を強化選手に指定し、年間200日以上の合宿を行っていま す。現在ツアーで活躍する選手は、すべて強化選手として鍛えられたメンバーで、優勝したパク・インビは、2008年の全米女子オープンを19歳の史上最年 少で制した実力者です。昨季は米ツアーにも参戦し、日本では14試合出場で優勝2度、10位以内8度と驚異的な結果を残しています。

韓国勢に圧倒されている女子ツアーは「女流・石川遼」の出現に期待がかかっていますが、今大会の「プリンセス」はアマチュア予選会で4位に入賞し、12歳 2ヶ月でレギュラーツアー本戦の出場権を獲得した新垣比菜でした。新垣は2日目「90」を叩いて、通算30オーバーの106位で予選落ちとなってしまいま したが、ホールアウト直後から悔し涙が止まらず、インタビュールームでは大きな瞳から溢れる涙をこらえることができない状態でした。パター、アプローチが 思うようにいかず「自分のゴルフが出来なかったことが悔しかった」と語りました。「この試合に出ることで、日本全国の方に応援してもらったので、私は幸せ だなと思いました、もっとうまくならなきゃいけない、技術はまだまだなので、来年また出場できるように、そしてプロに近づけるように頑張ります。これから もお父さんと一緒に頑張っていこうと思います」と小学生とは思えない受け答えでした。テレビの前で見ている、同年代の子を持つお父さんは、きっともらい泣 きしたに違いありません。インタビュー終了後に居合わせた、彼女にとっての憧れのプロゴルファーである宮里美香に声を掛けられ、最後は宮里に肩を抱かれて クラブハウスへと引き上げる姿が印象的でした。

もう一人期待の「プリンセス」が現れました。今年創設されたばかりの「世界女子アマチュアゴルフランキング・初代世界1位」に2010年度「LPGA Xavier International」の勝者で、2010年度の「NJCAA全米短大選手権」の個人戦に史上最小スコアで優勝し、チームを四度目の全米チャンピオ ンに導いた片平みつきがランクインしました。 

女子アマチュアについては1.350イベントが対象になり、50ヶ国以上、3,100人以上がランキングされていますが、「初代世界1位」とは大きな快挙 ではないでしょうか。待望のスター候補生が現れてきていますが、ほとんど父親が育てた選手たちです。国を挙げて選手を育成する韓国に対抗するには、今まで とは違う取り組みが必要で、早急な対応が求められているように思います。

ホンダLPGAタイランド

米国女子ツアー開幕戦「ホンダPTT LPGAタイランド」がサイアムCCで開催されました。
昨年の大会は、3位タイからスタートした宮里藍が、最終日に怒涛のバーディラッシュで「63」をマークし6打差を大逆転してツアー2勝目を挙げました。この開幕戦から2戦連勝となった宮里が、好調の波に乗りシーズン5勝と大きく飛躍した大会です。

昨年メジャー2勝の台湾のヤニ・ツェンが、前週開催された欧州女子ツアー第2戦「ANZ RACVレディースマスターズ」を通算24アンダーで優勝、開幕 戦に続き2週連続優勝を果たして参戦してきました。ヤニ・ツェンの今季初戦は1月に、地元台湾で行われたアジアン女子ツアー第2戦の「日立クラシック」で したが、2位に3打差をつけて優勝しています。5位から2位と上がって来ていた「ロレックス世界ランキング」でも、韓国の申智愛を抜いて初めて「世界ナン バーワン」となっており、初日はポーラ・クリーマーのラウンドでした。

07年の大会を制したのが、昨年も3日目を終えて2位に5打差をつける通算18アンダーで独走したスーザン・ペターセンでした。 07年は通算21アンダーで優勝しており、このコースの計8ラウンドでトータル41アンダー(1ラウンド平均67,25ストローク)という
驚異的なスコアをマークしていました。初日は宮里藍とのラウンドで私も観戦に行きました。宮里はコースを得意にしているS・ペターセンに引っ張ってもらえそうに思いましたが1番バーディの後、2番でバンカーから脱出できずにダブルボギーを叩き後退してしまいます。

S・ペターセンと宮里藍を比較すると完全に頭一つ以上の身長差がありました。それ以上にS・ペターセンの後姿は、完全に鍛えられた「男の背中」でした。この「男の背中」に、宮里は去年勝ったのかと思うと、本当に凄いことだと感心させられました。

最終一組前のミッシェル・ウィの練習を見てから、宮里藍の組には10番パー5の3打目から合流しました。前の組の「新女王」ヤニ・ツェンは、ここも2オンしてイーグル逃しのバーディでしたが、ティショットはP・クリーマーをキャリーで超えていました。

P・クリーマーもフェアウェー右からの3打目を2mに寄せバーディでした。宮里藍はフェアウェー左目からの3打目でした。ここからは一緒に観戦していた生 徒さんへの解説です。「左からは左足下がりと、バンカーの傾斜で止め難いです、オーバーしなければいいけど」と言うとピン左横に落ちたボールは、やはり止 まらずカップ奥への2段グリーンの傾斜で大きくオーバーしてしまいました。

「このピンポジションでは3打目は右から打たないと難しい、S・ペターセンは右からなので止まります」と言うとスピンの利いたアプローチでベタピンにつけました。宮里は何とか2パットでしたが、ショットのポジショニングから悪い流れを感じました。

11番のティショットは狙いどうりで右バンカーの手前に運び、セカンドもナイスボールでした。ピンそばかと思いましたが拍手がなく、行ってみるとわずかにエッジにオーバーしていました。そこから上手く寄せたのですが1,5mの難しいパーパットを残します。

S・ペターセンは手前10mにオンしていましたが、ファーストパットは3m近くショートしてしまいます。明らかに強かったパーパットはカップに跳びはねて入りましたが、びっくりしたように宮里と目を合わせ、お互いに笑っていました。

宮里も上手く決め、互いにパーでホールアウト「S・ペターセンはこれで良くなりそう、宮里はまだ流れが来ていないようですね」と解説した次の12番パー3 ではペターソンは左にオーバーし、宮里は右手前にショートしてボールが戻ってくるのが見えましたが、我々は14番パー4のグリーン奥で待つことにしまし た。

宮里はボギーだったようで悪い流れのまま13番はパーで14番に来ました。14番のピンポジションは2段グリーンの右上の狭い場所でした。左目から打った宮里はフェード気味に段をかけ上げようとしたのでしょうが、届かずグリーンエッジに止まってしまいます。

S・ペターセンは練習でもたまに出ていたプッシュアウトで、アゴが高い右手前のバンカーに入れてしまいます。宮里の方が遠そうに見えましたが、S・ペター センが先に打ちました。このショットはギリギリを狙いすぎて一発で出ません。しかし気を取り直して打ったショットは完璧で、見事にカップに消えてナイス パー。待たされた宮里はファーストパットを3mオーバー、返しはわずかに入らず、悔しそうに15番へ。待たずに先に打っていたら展開も変わっていたでしょ う。

「次のホールでも落とすと、一番難しい16番が心配です」その15番は、通常のレディースティからの短いパー4になっていました。普段はクリークの手前に 刻むホールですが、レディースティからなのでFWでもクリークを超えていきます。ナイスパーを拾ったS・ペターセンは、左目で少し木がかかるラインで、距 離はないものの左からの傾斜に落とす、難しいセカンドが残りました。

前のホールの失敗からか、宮里は右目のベストポジョンに「あそこからなら奥に落としても戻るので突っ込んでくるでしょうが、S・ペターセンは、スピンがほ どけて奥に行きやすいはず」と解説すると宮里は80センチにベタピン、S・ペターセンは止まらず戻ったものの奥3mオンしました。「流れを引き寄せたS・ ペターセンは入れます」と言うと、ド真ん中からナイスバーディを決めます。宮里も決めてやっとバーディがきましたが、難しい16番パー3のティグラウンド でまた待たされてしまいます。左奥に外したS・ペターセンを見て、宮里は手前のあごの高いバンカーへ打ち込んでしまいます。結局バーディの後のボギーで流 れを引き寄せられません。

続く17番は右下の段にカップが切ってありました。セカンドは14番と同じように左フェアウェーからの宮里と、狙いやすい右目からのS・ペターセン「左か らは手前のバンカーからの下り傾斜が強く落ちどころによっては右にこぼれるか、奥のバンカーに入ると大変です。右からのS・ペターセンのほうがラインを出 しやすいので寄りそうです」と解説。

宮里の2打目は左からの風で戻りながらきましたが、あごの高いバンカーを越えた、グリーンの一番強い下り傾斜に落ちて止まりませんでした。バンカーには入 らなかったもののグリーンオーバーしてしまいます。S・ペターセンがベタピンにナイスオンすると「言った通りになりますね」と皆さん驚いたようでした。 「宮里は外した場所がラッキーでした、これを入れたら最終もバーディの可能性が高いですよ」と、しかしアプローチはカップをかすめたものの入らずパーでし た。

前が詰まり、先回りして18番パー5の2打地点に行くと、ヤニ・ツェンが狙い済ましたようなナイスボールで2オンの「イーグルチャンス」に乗せました。グ リーン横で見ていると宮里のティショットは、左ラフからフェアウェーに出たところで2オンは完全に無理な位置でした。S・ペターセンはヤニ・ツェンの20 ヤード後方から2オンを狙っていましたが、宮里は先に80ヤード地点の比較的平なところまで運んできました。

S・ペターセンの2打目は手前のエプロンにショートしてしまいます。「宮里の方が寄せやすいですよ、S・ペターセンは落しどころが難しい」これも予想通り で、宮里はベタピンでバーディ確定。S・ペターセンは奥の傾斜で戻しますが、戻りすぎて危うくグリーンからこぼれ落ちそうでした。しかしこれを決めて二人 ともバーディフィニッシュで初日を終了。「本当に全部、言った通りになりますね、最高の解説でした」とのことでした。

コースマネージメントがスコアを決めるサイアムCCでは、行ってはいけないところから、無理に攻めると大たたきします。最難関ホールの17番では最終日に ドラマが起こりました。最終日は左の段の上でしたが、こちらも馬の背になっています。サイアムをプレーした方は経験があると思いますが、手前にショートす ると戻ってしまい、カップをオーバーすると奥に転がり落ちてしまうピンポジションでした。1打差でトップのヤニ・ツェンを追うキム・インキョンが2打目を ショートして戻り3・4・5打目も傾斜で戻されてしまいます。6打目は転がしたものグリーンオーバーしてしまい、7打目が届かずグリーンエッジ、8打目が 3mオーバーで、9打目を何とか決めるという「頭が真っ白」状態で3位に落ちてしまいました。

ヤニ・ツェンとP・クリーマーは止まらないと上の段は狙わず、下の段からの強烈な上りのパットを2パットで楽々パーを拾い、ミッシェル・ウィは左に外し寄せきれずボギーでした。

ポジショニングが勝敗を決める「サイアムCC・オールドコース」の戦いは、絶好調の世界ランク1位、ヤニ・ツェンが3週連続優勝を成し遂げ、今期4戦4勝 という圧倒的な強さで「新女王」を証明して見せました。今年はヤニ・ツェンとミッシェル・ウィが強そうです。日本勢も早く一勝して欲しいですね。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.