Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■2月1日バンコクライフコラム
■1月15日バンコクライフコラム
■1月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ12月15日コラム
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム

アーカイブ
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

全米プロ2015

男子ゴルフ米国ツアーメジャー最終戦

「第97回全米プロゴルフ選手権」はウィスリングストレイツGCで開催され

2日目に岩田寛がメジャー最少打数タイとなる

9アンダー「63」をマークし話題になりました。

初日に出遅れた岩田は1イーグル、8バーディ、1ボギーとし、

通算4アンダーで松山英樹らと並ぶ暫定15位タイに浮上し、

決勝ラウンドに進みました。

これまで出場したメジャー3大会はいずれも予選落ちに終わっていますが、

今年の「タイランドオープン」でも、2日目に10アンダーの「62」をマークし、

最終的に6位に入りました。

爆発力を秘めたプレーヤーで「セガサミーカップ」を制し、

国内男子賞金ランキングで2位につける岩田は

「日本とアメリカでは、コース設定がまったく違います。

パー4の距離が長く、日本では使わないロングアイアンを頻繁に使います」と、

日本ツアーとのステージの違いを語っています。


悪天候のため順延となった2日目残りのラウンドを終え、

3日目のスタートとなったのですが、首位に立ったマット・ジョーンズは、

序盤つかんでいたペースを後半に崩し、

残り3ホールで4ストロークスコアを落とし9位と後退、

岩田は通算6アンダーで17位タイ、

松山は通算5アンダーの22位タイで、

岩田はフィル・ミケルソンと、松山はアーニー・エルスという

ビックネームとの最終日のラウンドでした。

 

M・ジョーンズと最終組をラウンドしたジェイソン・デイは、

終盤のダブルボギーをものともせず、

このラウンドでスコアを6ストローク伸ばし、

「マスターズ」と「全米オープン」を制した

ジョーダン・スピースに2打差をつけトップに立ちました。


メジャー年間3勝と「世界ランク1位」を目指すJ・スピースは、

残り8ホールから6つのバーディを奪い、

スコアを7ストローク伸ばし追い上げてきました。

22歳のJ・スピースは、最終日のJ・デイとのラウンドを控える中、

優勝トロフィーの「ワナメイカー・トロフィーに名前を刻めるようにするだけ」と、

ベン・ホーガンとタイガーに続く「メジャー年間3勝」については

「考えることはない」とコメントしていました。

これまでにメジャー大会で2位タイを3度経験したものの

「メジャー制覇」に手が届いていないJ・デイは

「明日は間違いなくエキサイティングなラウンドになる」と語り、

3位タイには、この日のベストスコア8アンダーをマークした

ブランデン・グレースと、ジャスティン・ローズが通算12アンダーで並び、

今大会と同じウィスリングストレイツGCで行われた

2010年大会を制しているマーティン・カイマーが5位と、

豪、米、南ア、英、独、と見ごたえのある優勝争いがスタートしました。

会場は強風が吹くことで知られていますが、

最終日は比較的穏やかな一日で、

飛距離がでる、攻撃的プレーヤーが有利な展開になりました。

J・デイはJ・スピースに2打差の単独トップから、

ドライバーを武器に前半から攻めの姿勢を見せます。

2番、5番とパー5でバーディを奪うと、

ワンオン可能な6番パー4(355ヤード)はスプーンでグリーンそばまで運び、

アプローチはピン上1.5m。これをしっかり決めると、

続く7番では15mのロングパットを放り込むなどやりたい放題。

 

8番でボギーをたたくも前半を18アンダーまで伸ばして折り返し、

この時点で年間メジャー3勝の記録に挑む

J・スピースとの差は4打に開きましたが、

2番ホールでJ・スピースがバーディを取れなかったことが

流れを決めた様に思います。

 

J・デイの2打リードに始まり、終始J・デイがリードを守り抜いた展開は

「シーソーゲーム」にはなりませんでした。

しかし2人の若者の「ゴルフに対する真摯な想い」が伝わってきました。

17番のパー3、どちらもグリーンを捉えましたが、

J・デイは18m、J・スピースは12mの距離を残していました。

先に打ったJ・デイがファーストパットを見事に50cmまで寄せたとき、

スピースは親指を立ててサムアップしながら

「ナイスパット」とJ・デイを讃えていましたが

「勝負」が決まった瞬間でした。

 

2010年、まだ16歳だったJ・スピースは、

地元のテキサス州で開催された「バイロン・ネルソン選手権」に

スポンサー推薦でPGAツアー初出場を果たしています。

16位と健闘し話題になりましたが、

その大会でPGAツアー初優勝を遂げたのがJ・デイと、

二人には不思議な縁がある様です。

 

J・デイは20アンダーまでスコアを伸ばし、

タイガーが2010年の「全英オープン」で記録したメジャー最小の、

通算19アンダーを上回りましたが、

パー5だけで4日間14アンダーと、

ツアー3位の飛距離が勝因でした。

 

J・デイは12歳で父親を亡くし、

アルコール依存症になった時期がありました。

家は貧しく、芝刈り機を修理するお金がないからと、

母はナイフで芝を刈っていたといいます。

それでも家を担保に入れ、親戚からお金を借りてまで

車で7時間かかるゴルフアカデミーに通わせてくれたのです。

そこで出会ったコーチのコリン・スワットンの指導で

メキメキ腕を上げて、04年全豪アマ、世界ジュニア選手権に優勝。

06年にプロデビュー。その高校時代のコーチが今でもJ・デイを指導し、

キャディーバッグを担いでいます。

 

今大会のJ・デイは「ゴルフの記事も読まず、

テレビでゴルフの中継もニュースも見ず、

ラウンド中はリーダーボードもあまり見ないようにしている。

それがメンタル的にうまく作用している」と

メンタルトレーナーのアドバイスで戦い方を変えていました。

優勝インタビューでは「泣くとは思っていなかった。

これまでもメジャーで優勝に絡みながら、

ほんのちょっとの差で勝てずに、いろんな感情がこみ上げてきた。

バックナインになってからも、まだ勝利が決まったわけではないと、

感情を押し殺してからいいショットが出始めた。

コーチのコリンに出会って一緒に歩いてきた。

今日は最高だ」と、二人三脚での歩みを振り返っていました。

 

2008年から米ツアーで戦い始めたデイは、

これまでメジャー20試合に出場し、トップ10に9度も入りながら、

いつもぎりぎりで勝利を逃してきました。

メジャー惜敗の流れは今年も続き「全米オープン」では

3日目を終えてトップに並んだものの、

女子サッカーの澤穂希も患った良性発作性頭位めまい症に襲われ、

9位に終わっていました。

「全米オープン」が終わった段階で、

このコラムでオーストラリア勢の巻き返しを予想しましたが、

J・デイ、A・スコットの二人が最後まで挑んだものの、

G・ノーマン以来の豪州勢「全英制覇」は果たせませんでした。

最終18番でJ・デイのトップに並ぶバーディチャンスは、

力なく、カップ手前で止まります。

呆然と立ち尽くし顔を覆うJ・デイの眼には

うっすらと涙も浮かんでいました。

「いつも通りラインを読んで、良いストロークをすることだけを心掛けた。

強すぎてオーバーしすぎるのはイヤだったから、

普通に打って決めたいと思った。しかし残念ながら、

曲がってショートしてしまった。

どうにかメジャーに手が届くようにハードワークをしているのに、

あの終わり方には失望している」と、18番グリーンの真ん中で

J・デイのまわりだけ時が止まったかのようでした。

しかし翌週の「カナディアンオープン」を制し、メジャーに挑んだのです。

初のメジャー優勝に向けて「頑張れよ、

やるべきことをやればいいんだ」と、

J・デイに言葉をかけたのは

練習ラウンドも共にするほど仲が良いタイガーでした。

子供の頃から憧れていたタイガーはJ・デイにとっては大きな存在です。

「以前、タイガーに“プレーは5時間、

リカバリーに19時間費やせる"って言われたことがある。

最終日はそれを肝に銘じて全力を尽くすだけ。

タイガーのこれまでの優勝を支えてきた心構えが、

自分にも役立つことを願っている。明日優勝出来たら最高だけど、

出来なかったらまた挑戦するだけ。

ただ言えることはその挑戦に終わりはないということ」と、

何度も悔しい思いをしてきたJ・デイは、

今年最後のメジャーで「悲願」を達成したのです。

 

最終日に追い上げたJ・スピースは

「最高の負けだ。3打縮めればプレーオフ、

打なら勝てると思ったが、勝てなかった。

今日はジェイソンの日だった」と振り返っていましたが、

R・マキロイにかわって「ワールドランクトップ」に躍り出ました。

2日目にメジャー最少タイ記録の「63」をマークし

21位に入った岩田は、世界で戦っていく自信になったと思います。

試合に出るだけでいいのか、プロになっただけでいいのか。

それはプロ一人一人の問題ですが、

メジャー出場のチャンスを掴み、

何度も世界にぶつかっていく。

世界でどのくらい戦えるのか?

ツアープロたちは高い目標を持って海外へ挑戦して欲しいものです。

 

全英オープン 2015

松山英樹がメジャー初制覇となるのか?

ジョーダン・スピースが「年間グランドスラム」へ

メジャー3連勝を果たすのか?

前回このコラムで述べたオーストラリア勢、

南アフリカ勢の台頭はあるのか?

「自然との闘い」と呼ばれる最古のメジャー「全英オープン」が開催されました。

硬いフェアウェーにフェスキュー芝の深いラフ、

一日の中に四季があると言われるほど、天候は目まぐるしく変化し、

選手たちを苦しめるのが例年の「全英オープン」です。

開催コースの「聖地・セントアンドリューズ」は、

飛距離を求められるわけではなく、

コースマネジメントに長けたプレーヤーに有利なコースです。

最難関の17番パー4は、ナイスショットが転がり落ちて、

グリーン手前の「トミーズバンカー」に入れば、

『7』にも『8』にもなる恐怖のホールとして有名ですが、

毎回プレーヤーの置かれたポジションが、

スコアに影響を与えるキーホールとなっています。

最近の松山はケガの少ないマネージメントが身につき、

普通にやれば20位以内には当たり前で、

調子が良ければトップ10、パットが入れば

優勝争いも十分可能だと思っていました。

問題のパッティングですが、18位に終わった6月の

「全米オープン」でもグリーン上で苦戦していました。

「聖地・セントアンドリューズ」では徹底して

右サイドに多いバンカーを避け「バンカーに入れない、

3パットしない」をひたすら繰り返せば、優勝争いできると期待していました。

6アンダーの10位タイからスタートした3日目は、

紙一重でチャンスを逃しながらも

12番まではスコアを伸ばし優勝戦線に浮上します。

しかし14番で3パットのボギー。

17番では中島常幸が78年に脱出に4打を要し、

優勝争いから消えた「トミーズバンカー」に打ち込みボギーと、

スコアをひとつ伸ばすにとどまりました。

 

悪天候のため月曜日となった最終ラウンド、

首位と5打差のトータル7アンダー18位タイからスタートした松山は

スコアを伸ばします。

しかし「何かが足りないから勝てないんだと思う」と、

その“何か”はやはりグリーン上でした。

1番から幸先よくバーディを奪って立ち上がると、

5番、7番、10番とバーディを奪い、首位に1打差に迫りましたが

「この風なら前半はスコア出ると思っていた。トータル13アンダーから、

15アンダーくらいまでいけばチャンスはあると思っていた」と

いい流れに見えました。

 

しかし流れを逃したのはコースの最北端から折り返す12番パー4でした。

約1メートルのパーパットを外す痛恨のボギー

「ミスヒット、もう少し落ち着いて打てばよかったけど」と、

失速のきっかけはやはりパターでした。

15番、16番では共にブッシュからのセカンドショットで

ボールに上手くコンタクトできず連続ボギー。

1つのパットをきっかけに悪くした流れにのまれて、

頂点は遠くかすんでしまいました。

 

4日間では初日が33パット、第2ラウンドに圧巻の24パットで

上位浮上を果たしましたが、第3ラウンド、最終ラウンドと

共に30パット以上では戦いになりませんでした。

「今週は1日だけ入ったので、それを思い出して

次につなげられるように練習していけたらいい」と、

悔しそうに語っていました。

今季はここまでトップ10に8度入っていますが、

頂点には今大会も届きませんでした。

4日間合計でアウトは14バーディ・ノーボギーと

抜群のスコアをマークしたのに対し、

インは4バーディ・10ボギーとしたのが敗因でしたが

「11番からのプレーが4日間耐えきることができなかった。

まだこのコースを攻略できる力がなかったんだと思う。

ショットでもパットでも技術もそうだけど、

嫌なところでもしっかり打ち抜く心の強さが必要だと思う」と振り返っていますが、

まずは今期初勝利を目指して欲しいものです。

 

優勝争いは3つ巴のプレーオフの末、

米国のザック・ジョンソンが制しました。

聖地連勝を狙った2010年覇者、南アフリカの

ルイ・ウーストハウゼン、オーストラリアのマーク・リーシュマンと

4ホール(1番、2番。17番、18番)のプレーオフを戦ったZ・ジョンソンは、

4ホールを1アンダーで回り、2007年の「マスターズ」以来

2つ目のメジャータイトルを手にしました。

 

トータル9アンダーからスタートした最終日は2番のバーディを皮切りに

12番までで7つのバーディを量産。

難所の続く終盤は13番でボギー。

さらに17番もボギーとし一歩後退したものの、

最終18番では値千金のバーディを奪い、

しゃがみ込みながらガッツポーズを繰り出しクラブハウスリーダーとなりました。

迎えたプレーオフでZ・ジョンソンは「1番と2番は、

絶対に取らなくてはいけないと考えていた」と、

決してやさしくないバーディーパットをねじ込み、

プラン通りプレーオフをリードします。

17番のピンチは、他の二人がパーパットを外した後、

ボギーパットを沈めますが、L・ウーストハウゼンが

パーを拾っていたら展開は変わっていたでしょう。

最終18番はバーディを逃したもののパーで上がり、

久々の「メジャー制覇」となりました。

2007年に「マスターズ」を勝って以降、

2011年以外は勝利を挙げ続けていますが、

メジャータイトルに届かなかったことを「長かった。言葉にならない。

全英オープンで優勝できるなんて、夢がかなった。

ギャラリーも素晴らしかった。ありがとう。

キャディのデーモンそして私のワイフ、キムにも感謝したい」と語りましたが、

一週間、雨と風に悩まされた「聖地」の空は青空に変わっていました。

 

62年ぶりとなる「マスターズ」からのメジャー3連勝を狙ったジョーダン・スピースは、

14アンダーの4位に終わり快挙を逃しました。

1打差を追う16番パー4では20メートル近いバーディーパットを沈め、

流れはJ・スピースに傾いたかに見えました。

しかし17番パー4で2メートルのパーパットを外すと、

18番パー4の第2打は“罪の谷”と呼ばれる深いくぼみにショート。

そこからのバーディートライはわずかにカップの左をすり抜け、

快挙はなりませんでした。

 

18番のセカンドを「クラブ選択のミス、

すべての場面で正しい決断をするのは難しい。

自分を責めたりはしないよ」と21歳とは思えない

冷静さで「敗戦」を受け入れていました。

「聖地」には表の顔と裏の顔がありました。

海に向かうアウトに対し、折り返しのインで

アゲインストとなることが多かった今大会は、

バックナインの難度が格段に上りました。

アウト5番とイン14番のパー5で

ドライビングディスタンスの計測を行っていましたが、

5番の全選手の平均が315.3ヤードだったのに対して、

600ヤード超えホールの14番は273.5ヤードと、

いかに強烈なアゲインストが吹いていたかが判ります。

 

優勝したZ・ジョンソンは4日間通算で

バックナインで3つスコアを伸ばしています。

メジャー3連勝は逃したものの4位タイに入った

J・スピースもバックナイン通算は4アンダーでしたが、

4日間を通じて一番難度が高かったのは、

やはりホテル越えのティショットを放つ17番パー4で、

平均ストロークは4.655。

ダブルボギー以上が43個と「キーホール」になりました。

 

「ものすごいパットの名手が来季から来るぞ」と、

下部ツアーからの昇格時から話題になったZ・ジョンソンですが、

キャディ役を買って出たのが、大男のデーモン・グリーンでした。

スコット・ホークのキャディを務め「グリーンを正確に読むグリーン」の

異名を持つD・グリーンは「長年のボスを捨てて

将来性ある若者ジョンソンへ乗り換えた」と批判されたこともありましたが、

ある意味最強のパートナーの誕生でした。

例年よりもソフトなフェアウェーとグリーン、

戦前の優勝予想では飛距離を誇る選手たちを推す声が多かっのですが、

Z・ジョンソンの今季米ツアーでの

ドライビングディンスタンスは162位(279.5yd)でした。

今大会も決勝進出の80人のうち60番目でしたが

「最強コンビのパッティング術」が勝因の「全英オープン」でした。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.